【食プロジェクト】作家・EAT & ART TARO in上郷クローブ座レストラン

2018芸術祭投稿日:2018年3月26日

今夏の芸術祭にて食プロジェクトとして新作を展開する、食の現代アーティスト・EAT & ART TARO。 ユニークな食プログラムを各地で展開する彼は、越後妻有では2012年、2015年と新作を発表しています。 特に2015年に生まれた地元女衆によるお芝居風レストラン「上郷クローブ座レストラン」は、恒久作品として四季にあわせた通年プログラムでも展開し人気を博しています。

≫「上郷クローブ座レストラン」(2015年~)

▲秋の「ことばあそびうた」レストラン produced by 谷川俊太郎・谷川賢作(2016年)photo by Ayumi Yanagi

この2~3月にかけて開催された冬プログラムでもオープンした「上郷クローブ座レストラン」。 その料理とお芝居の練習を兼ねて、TAROさんが雪の妻有を訪れました。

上郷のお母さんたちや脚本/演出を担当してくださった俳優・野津あおいさんと打合せや練習を重ねます。

今夏は「上郷クローブ座レストラン」の新プログラムはもちろん、TAROさんはキナーレでも食プロジェクトを新たに展開する予定です。 いずれも混雑が予想される食プログラムとなりそうですが、 オフィシャルツアー/シャケ川のぼりコースでは「上郷クローブ座レストラン」の昼食(または「うぶすなの家」での昼食)が付いてきますので、ぜひご利用ください。

≫「ザ キュウリショー」(2015年)photo by Gentaro Ishizuka

≫EAT & ART TARO プロフィール

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む