GRAPH+空間構想×藤村龍至×KIGI×マクアケ×北川フラム 対談レポートを公開

2018芸術祭投稿日:2018年6月11日

連続トークの最終回は、特別展「2018年の<方丈記私記>~建築家とアーティストによる四畳半の宇宙」をめぐり、出展者であるGRAPH+空間構想/北川一成+川添善行、藤村龍至、KIGI/植原亮輔+渡邉良重の各氏が出演、それぞれが計画している「四畳半」のプレゼンテーションを行いました。建築界、デザイン界を牽引する3組は、いずれも国際公募によって選ばれています。

最初に北川フラムから、大地の芸術祭全7回で初めてとなる企画展を開催することにした2つの意図が説明されました。 ひとつは、八方ふさがりの今の時代をどう生きるか、そのヒントを大乱世の「中世」に求め、「方丈記」を書いた鴨長明に倣おうと思ったこと。かつて第二次大戦中に「方丈記」に出会い、長明の生き方を自らに課すべく小説家・堀田善衛が『方丈記私記』を書いたように、2018年の私たちの「方丈記私記」を表そうとしたのが、本展です。 もうひとつは、これまで本格的に手をつけてこなかった十日町市の中心市街地、シャッター街となっている商店街を何とかしてほしい、という要望に応えようと思ったことでした。全国的に中心市街地は、再開発や区画整理をしても、うまくいっている例はあまりなく、「つける薬はない」と言われてきました。今回のプロジェクトは、さまざまな機能・用途をもった四畳半を、やがて中心市街地の空き店舗のショーウィンドウや空き家の土間や二階などに実際にはめこみ、幻のネットワークをつくっていこうという提案です。

「20世紀は、ミース・ファン・デル・ローエが提唱した<均質空間>が世界を席巻し、建築はそのヴァリエーションだった。今回の方丈展は、2.8メートル立方という究極の均質空間で、面白いことをやってみよう、という提案。建築家はプレゼンテーションはうまいが、実際につくるとそれ以上に面白いものは出てこない。プレゼは下手だが、出来たものはアーティストの方が面白い。この展覧会は、建築家への一種の果たし状でもある」という北川の挑発を受けて、各出演者からプレゼンテーションがありました。

建築家の藤村龍至さんが東京芸術大学の学生たちと出展する「A Shelter of the Digital」は、デジタル加工した段ボールによってつくられたパビリオン。審査員に原広司さんがいたこともあり「小宇宙の中の空間像を、離散的なピースの集積として提示しようと思った」と設計意図を語りました。どこにでもある素材として段ボールを選び、そのパーツを組み合わせ、珈琲屋をつくります。珈琲を提供するのは、東京のONIBUS COFFEEとCOBI COFFEE。こだわりのある珈琲の味と店づくりで話題の両者は気合十分とのこと。

続いて、「GRAPH+空間構想」による「Karaoke & Humankind」。建築家の川添善行さんはこれまでも、広場やにぎわいをつくる空間を設計してこられました。システムが精緻化された近代社会に風穴を開けるこうした空間として、今回のスナックも設計されます。音の問題を解決するために、透明なカラオケボックスを用意します。

一方の北川一成さんは、今回の四畳半を宇宙138億年、地球46億年の歴史のなかで考えたと言います。「人間とは芸術を楽しむ唯一の生物であり、歌う種である」と一成さん。一説には歌は言葉よりも先に生まれ、人類はポリフォニー(集団で歌うこと)によって肉食獣の脅威から生き残りました。大地の芸術祭において、人間らしさの原点である歌について、人間とは何か、芸術とは何かを考える場としたい、と抱負を語りました。

出張先から駆けつけ、会の半ばから参加してくださったKIGIの「スタンディング酒BAR酔独楽」は、酔い=独楽=宇宙を展開する方丈。お酒を注いだら飲みほすまで下に置いてはいけない可杯(べくはい)に想を得た独楽=杯は、GINZA SIXの「D-BROS」で限定販売されるもの。さいころを振って、目の数によって大きさの異なる杯で酒を提供します。地元の津南醸造とのコラボでKIGIデザインのラベルのお酒も新たに登場。植原さんは、「店をつくるのは本当に大変。ママさんの手配、スタッフに何を着せるかなど、いろいろなことを考えなくてはなりません」と楽しそうに語りました。

会の最後には、この方丈展を支援するクラウドファンディングについて、オフィシャルサポーターでもあるMakuakeの坊垣佳奈さんから説明がありました。大地の芸術祭で初めてのクラウドファンディングの取り組み。7月20日まで受け付けています。

アート、建築、パフォーマンス、食とジャンルが拡がってきた大地の芸術祭。「商業空間=店舗」という新たなジャンルが加わり、さらに多様な展開が期待されます。

≫「2018年の<方丈記私記>展」詳細

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む