芸術祭サポーター「こへび隊」決起集会レポート & 第2回活動説明会のご案内

2018芸術祭投稿日:2018年6月22日

7月29日に開幕する「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」に向け、サポーターの「こへび隊」がキックオフMTGを6月10日渋谷ヒカリエにて実施しました。

こへび隊を知らない方にも活動内容が伝わるようにと、こへび隊自らが出演する寸劇から会はスタート。ベテランこへびたちが会場の笑いを誘いました。続いて、アーティスト・酒百宏一の作品「みどりの部屋」ワークショップを開催。幅広い世代の方々が参加してくださり、作品制作の楽しさを体感してもらいました。最後には、総合ディレクター・北川フラムより芸術祭概要についての講演があり、満席の熱気冷めやらぬなか会は終了しました。

その「こへび隊」の第2回活動説明会を代官山・アートフロントギャラリーで開催します!

大地の芸術祭の活動をサポートする「こへび隊」。芸術祭の会期中は、アート作品の案内役として受付や作品紹介などを行う「アート管理」や、パフォーマンスイベントのサポート、芸術祭をめぐるバスツアーのガイド役などをつとめます。 「こへび隊の具体的な活動内容って?」「東京から新潟・十日町までの交通手段は?」「食事や宿舎はどうなるの?」などなど、経験者を交えながら、皆さんの疑問にお答えします。 初めての方をはじめ、どなたでもご参加いただけますので、お気軽にお越しください!

北川フラム(大地の芸術祭総合ディレクター)からも話をする予定です。 皆さんもこの夏、世界最大級の国際芸術祭を支える、公式サポーター・こへび隊として、活動してみませんか? 皆さんのご参加をお待ちしています。 熱いアートの夏にしましょう!

【開催概要】
日時:2018年7月8日(日)14:00~15:30
場所:代官山・アートフロントギャラリー2階
料金:無料
予約:有(フォーム)
こへび隊公式HPへ

【プログラム】
①北川フラム(大地の芸術祭総合ディレクター)からの話
②活動概要説明
③グループに分かれての質疑応答 など
※内容は変更になる可能性があります。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む