会期終了まであと10日。北川フラムのコラム Vol.9 & Vol.10 を公開

2018芸術祭投稿日:2018年9月8日

総合ディレクター・北川フラムによる作品や食、イベントの魅力や裏側を綴ったコラム、第9弾・第10弾を公開しました。
今回は、芸術祭会期があと10日となり、毎日みかける地元の子ども達の光景への思いや美術の見方、感じ方を鍛えることについて書かれています。

会期終盤になり、盛り上がり続ける越後妻有アートトリエンナーレ2018。代表的な企画展方丈記私記や、数多く開催されるイベントなど、会期終了までまだまだ続きますのでぜひお越しください。

第9弾「越後妻有、朝の日常」
詳細はこちらボタン

第10弾「ススめるけど、ススめないこと」
詳細はこちらボタン

≫コラムVol.1「大地の芸術祭開幕」
≫コラムVol.2「人間の土地」
≫コラムVol.3「モリアオガエルクラブ」
≫コラムVol.4「名作の数々」
≫コラムVol.5「その場に在ること」
≫コラムVol.6「方丈記私記展 途中報告」
≫コラムVol.7「イベントのすすめ」
≫コラムVol.8「残り2週間。」
≫コラムVol.9「越後妻有、朝の日常」
≫コラムVol.10「ススめるけど、ススめないこと」

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む