秋プログラム3週目は「上郷クローブ座レストラン」が復活!

お知らせ投稿日:2018年10月4日

越後妻有では、通年の秋プログラム「『大地の芸術祭』の里 越後妻有2018秋」が開催中。2018年の人気の新作を再公開するだけでなく、イベントや新米のレストランもご用意しています。
詳細はこちらボタン

さらに、最終週となる10月6、7、8日は、夏になかなか予約がとれなかった「上郷クローブ座レストラン」が復活します! しかもこのレストランを生んだアーティスト、EAT & ART TARO自らが腕をふるい、メニューをアレンジ!今年最後の女衆による演劇仕立ての饗宴をお見逃しなく。
●時間:12:00-12:50 40席
●料金:2000円(幼児無料・料理不要の場合)
●予約:こちら


photo by Ayumi Yanagi

EAT & ART TARO
食をテーマに活動している現代美術作家。調理師学校卒業後に飲食店勤務を経てギャラリーでのケータリングや美術館のカフェプロデュース、食に関するワークショップや作品制作を行う。これまでに越後妻有アートトリエンナーレ、あいちトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭などにおいて食をテーマに作品を発表。

大地の芸術祭は3年に1回だけではありません。1年を通して、季節にあわせたプログラムを開催しており、芸術祭で生まれた多くの資源を生かしてお客様をお迎えしております。今後の新しいプログラムは、随時、発信して行きますので、楽しみにお待ちください。

閉幕後、臨時休館させていただいている関連施設がございます。
≫詳細はこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む