北川フラム 2018年度「文化功労者」に選出

お知らせ投稿日:2018年10月26日

大地の芸術祭 総合ディレクターの北川フラムが、文部科学省が文化の向上発達に関し特に功績が顕著な者として選出する「文化功労者」(2018年度)に選ばれました。

地域創生に至るアートプロジェクトという前人未到の領域で第一人者として活躍したとして、各メディアでも報道されています。
▼美術手帖(web)
▼日本経済新聞(web)
▼朝日新聞デジタル
▼NHK NEWS WEB  ほか

文化功労者には、2018年のアートトリエンナーレにも参加してくださった建築家の伊東豊雄さん、歌舞伎俳優の片岡仁左衛門さん、作曲家の都倉俊一さんなど、多分野から20名が選出されました。文化功労者の顕彰式は11月5日に東京都内のホテルで開催を予定しています。また北川フラムのコメントなど含め、詳細はHPにて後日ご案内致します。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む