今年も田植えイベント盛況!まつだい棚田バンク 約170枚の田植え終了

お知らせ投稿日:2019年6月21日

2003年から「大地の芸術祭」の里の継続プロジェクトとして取り組む「まつだい棚田バンク」。約170枚の田植えが終了しました!

6月1日(土)、2日(日)に開催した田植えイベントでは、棚田オーナー「里親」、サポーター、地元農家の講師、スタッフを含め200名以上が集まりました。
≫田植えイベントのレポートはこちら

地域外からの田植え参加者も年々、増えています。

企業オーナーも社員有志で田植えに参加。

「脱皮する家」を手掛けた彫刻家・鞍掛純一と日本大学藝術学部の学生たちは、「脱皮する家」のある集落の「星峠の棚田」で田植え。

まつだい棚田バンクは、里親数、耕作面積ともに日本一となり、「大地の芸術祭」の里のメインプログラムとして展開しています。ぜひ、ご参加・応援をお願いいたします。

7月13日(土)には、まつだい棚田バンクの草刈イベントを開催します。ご参加をお待ちしております。
≫草刈イベントの詳細はこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む