〈方丈記私記〉展のKIGI「スタンディング酒BAR 酔独楽・よいごま」ADC会員賞受賞

お知らせ投稿日:2019年7月9日

大地の芸術祭2018の参加作品・KIGI「スタンディング酒BAR 酔独楽・よいごま」が、2019年度ADC賞の会員賞を受賞しました。

スタンディング酒BAR 酔独楽・よいごま」は、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]の回廊で、約30組がそれぞれ2.73m四方の空間の活用アイディアを表現した展覧会「2018年の〈方丈記私記〉~建築家とアーティストによる四畳半の宇宙」の参加作品。飲み干さないと置けない盃 “可杯” に着想を得た、独楽のようなユニークな酒器「酔独楽(よいごま)」でお酒を提供するバーカウンターを展開しました。

同賞は、東京アートディレクターズクラブが選出する広告賞。パッケージデザイン、環境空間などが評価されました。

ADC会員賞
D-BROS+津南醸造+アートフロントギャラリー「酔独楽」
植原亮輔(アートディレクター、クリエイティブディレクター)
渡邉良重(アートディレクター)
宮田識(クリエイティブディレクター)

≫詳しい紹介記事はこちら(アドタイ)
≫東京アートディレクターズクラブ公式HPはこちら
≫「酔独楽」HPはこちら

酔独楽〈霧の塔〉
越後妻有オンラインショップで販売中

酔独楽パッケージの日本酒〈霧の塔〉(津南醸造)は現在も販売中です(純米、純米吟醸、純米大吟醸)。
≫オンラインショップはこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む