「さとふる」に雪花火鑑賞券が登場!ふるさと納税で芸術祭を応援しませんか?

お知らせ投稿日:2019年12月21日

「ふるさと納税」とは、税金の使い道を自分で決めることができる制度です。

正確には、選んだ地域(自治体)へ寄附した金額が、翌年度の自分の住民税・所得税から控除される仕組みです。 寄附額のうち2000円分が自己負担となり、その分お礼品を貰うことができます。寄附できる額は年収、所得税によって異なります。

そして、「さとふる」は面倒そうな申込手続きを簡単にしたオンラインサービスです。 大地の芸術祭でも「ふるさと納税」制度を活用し、寄附していただいたお金でアート作品の維持管理や運営を行っています。

「さとふる」利用の流れ

①「新潟県十日町市」へさとふるを通じて寄附
  ↓
②「越後妻有 雪花火」鑑賞券や「まつだい棚田バンク」会員権など、大地の芸術祭関連のお礼品が届きます。(寄附のみも可能)
  ↓
③受け取った寄附の証明書を確定申告時に提出すれば税金が控除されます。確定申告しなくて済む「ワンストップ特例制度」の利用をオススメします。

≫「さとふる」のお申込みはこちら

ぜひこの機会に「ふるさと納税」を知っていただき、この制度を通して、大地の芸術祭を応援してください。

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む