1月18日(土)より!  キナーレ&農舞台の冬の展覧会がスタートします

投稿日:2020年1月17日

1月18日(土)より2つの展覧会が同時に開幕します。
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]は「雪あそび博覧会」
まつだい「農舞台」は「棚田のお米のまわり展・冬」。
どちらも雪国の魅力あふれる企画展です。

キナーレ「雪あそび博覧会」

会期:2020年1月18日(土)~3月22日(日)

真っ白なキャンバスで繰り広げられる、見て、遊んで、食べて、感じるSNOWART体験。こたつや箪笥が乗り物や遊具になったり、雪上での食体験を展開。


深澤孝史「こたつカーサーキット」今年も人気の作品が帰ってきます。Photo by Osamu Nakamura


開発好明「受験の壁」箪笥版、ボルダリングが登場。実際に体験できます。

イベント:
YORIKO「コラボ甘味屋台 冬のチンコロづくりワークショップ」
1/18(土)19(日)2/29(土)3/1(日) 各日14:00~15:30
参加費:200円(要入館)定員40人

YORIKO「バレンタイン!野菜のアイシングクッキーづくり」
2/8(土)9(日)各日14:00~15:30
参加費:600円(要入館)定員20人

「おもちBar」
炭火でお餅、焚火でパーコレーターコーヒーなどを楽しむBarが登場。
*土日祝のみ
*飲食は別途料金が必要です。

2/15(日)から3/1までの3週末限定7日間は、まつだい「農舞台」野外会場で「雪あそび博覧会」が展開されます。

*天候により中止となるプログラムがあります。

≫詳細はこちら

農舞台「棚田のお米のまわり展・冬」

会期:2020年1月18日(土)~3月22日(日)

雪下、穴、家の中、乾燥、塩蔵、味噌、酒の保存食の世界。7集落のお米をその場で精米・量り売りします。越後まつだい里山食堂では、ビュッフェと共に保存食メニューをご用意。

≫詳細はこちら

ニュース一覧へ戻る

大地の芸術祭の里スタッフ

越後妻有のアート作品やイベントなどの最新情報をご紹介します。

この作者の記事を読む