大地の芸術祭プレイバックツアー Part1 2009-2018(2019秋)

日程
10/12(土)、14(月)、19(土)、26(土)、11/2(土)、4(月)
料金
大人 12,800円、子供(小中学生) 9,800円(バス代、昼食代、保険代、作品鑑賞代、ガイド代含む)
締切
当日AM9時
始点/終点
越後湯沢駅東口/越後湯沢駅東口
交通手段
バス
定員
最小催行人数:2名

20年にわたる「大地の芸術祭」の軌跡を作品とともに辿る日帰りバスツアー。2009-2018コースでは、最新の人気作品や企画展覧会を開催中の美術館施設を巡ります。初めての方におすすめ!ツアーだけの限定オープン作品も(★がついた作品)。

越後妻有里山現代美術館[キナーレ](2012)

原広司により2003年に建築された大地の芸術祭の里の拠点施設。2012年に美術館としてリニューアルし、約10の体感型の常設作品が楽しめます。池にはレアンドロ・エルリッヒの2018新作も。

詳細ページへ

うぶすなの家 ★

築80年を超える茅葺き屋根の古民家を再生したやきものミュージアム&レストラン。装飾や囲炉裏、洗面台、お風呂などが複数の陶芸家による作品となっています。地元の元気なお母さんたちがもてなす「うぶすな定食」を、陶芸家が手掛けた器でお召し上がりいただきます。

詳細ページへ

国松希根太「記憶の痕跡と明日の杜」

かつて奉納相撲が行われていた千手神社に、当時の光景の写真に想を得て、制作された2018年の新作。

詳細ページへ

鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館(2009)

『ちからたろう』などの名作絵本を手掛けた田島征三により、小学校が丸ごと絵本になった美術館です。なつかしい木造の校舎内に、流木をつかったオブジェが飾られています。廊下を進んで教室を覗くと、実在する最後の生徒3人が主人公の心温まる物語が表現された「空間絵本」を体感できます。

詳細ページへ

アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室「船の家」(2012)

JR飯山線越後田沢駅に建てられた、河口龍夫作品「未来への航海」「水から誕生した心の杖」を収蔵する建物。

詳細ページへ

アン・ハミルトン「Air for Everyone」2012

かつて板金屋が暮らしていた空家にベルやベルを空に飛ばすための不思議な道具をつくっている職人を想定した仕事場を展開。★

詳細ページへ

磯辺行久記念 越後妻有清津倉庫美術館[SoKo]

大型作品を保管しながら展示する倉庫美術館として2015年に誕生。2017年にリニューアルした校舎棟では、磯辺行久の作品群を紹介。2019年度の企画展として、「河口龍夫ー時の羅針盤」を体育館棟で展開。

詳細ページへ

Tunnel of Light清津峡渓谷トンネル(2018)

国の名勝天然記念物、日本三大渓谷の清津峡渓谷を一望できる「清津峡渓谷トンネル」を改修し、マ・ヤンソン/MADアーキテクツがアート空間に。トンネルを潜水艦に見立て展開。「日本博」Webサイトにも紹介された話題の作品。

詳細ページへ

 

このツアーについてのご注意点

※見学する作品、順番は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※帰りの越後湯沢駅への到着時間が前後する場合がございます。19時台の新幹線予約をお勧め致します。

お申し込みにあたって

共催:NPO法人越後妻有里山協働機構
ツアーに関する問合せ:025-761ー7767

asoview!(アソビュー)
オンライン予約・購入に関する問い合せ
アソビュー サポートデスク:050-5578-6530

主催:越後交通株式会社
0258-29-1515

官公庁長官登録旅行業務第1-1417
〒940-2103 新潟県長岡市千秋2丁目2788-1
全国旅行業協会会員日本旅行業協会協力会員

https://www.asoview.com/item/activity/pln3000029698/?sort=asoview&adultQuantity=1&childQuantity=0

このツアーの行程表

10:00 越後湯沢駅東口集合 越後湯沢駅東口
1 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]見学 原広司+アトリエ・ファイ建築研究所「越後妻有里山現代美術館[キナーレ]」
2 うぶすなの家見学&昼食 うぶすなの家
3 「記憶の痕跡と明日の杜」見学 国松希根太「記憶の痕跡と明日の杜」
4 絵本と木の実の美術館 見学 田島征三「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」
5 船の家 見学 アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室「船の家」
6 Air for Everyone 見学 アン・ハミルトン「Air for Everyone」
7 清津倉庫美術館 見学 磯辺行久記念 越後妻有清津倉庫美術館[SoKo]
8 清津峡渓谷トンネル 見学 マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」
18:20頃 越後湯沢駅東口解散(※到着時間が前後する場合がございます。19時台の新幹線予約をお勧め致します。) 越後湯沢駅東口

その他のツアー

大地の芸術祭プレイバックツアー Part1 2009-2018(通年)

期間:7/15(月)、20(土)、8/24(土)、31(土)、9/7(土)、14(土)、16(月祝)、21(土)、23(月祝)、28(土)、10/5(土)(※8/10-18は夏スペシャル版、10/12-11/4の土日祝は秋スペシャル版のツアーが運行)

始点:越後湯沢駅東口

大地の芸術祭プレイバックツアー Part2 2000-2009(通年)

期間:7/21(日)、8/25(日)、9/1(日)、8(日)、15(日)、22(日)、29(日)、10/6(日)、(※8/10-18は夏スペシャル版、10/12-11/4の土日祝は秋スペシャル版のツアーが運行)

始点:越後湯沢駅東口

大地の芸術祭プレイバックツアー Part1 2009-2018(通年)

期間:7/15(月)、20(土)、8/24(土)、31(土)、9/7(土)、14(土)、16(月祝)、21(土)、23(月祝)、28(土)、10/5(土)(※8/10-18は夏スペシャル版、10/12-11/4の土日祝は秋スペシャル版のツアーが運行)

始点:越後湯沢駅東口

大地の芸術祭プレイバックツアー Part2 2000-2009(通年)

期間:7/21(日)、8/25(日)、9/1(日)、8(日)、15(日)、22(日)、29(日)、10/6(日)、(※8/10-18は夏スペシャル版、10/12-11/4の土日祝は秋スペシャル版のツアーが運行)

始点:越後湯沢駅東口

大地の芸術祭プレイバックツアー Part2 2000-2009(通年)

期間:7/21(日)、8/25(日)、9/1(日)、8(日)、15(日)、22(日)、29(日)、10/6(日)、(※8/10-18は夏スペシャル版、10/12-11/4の土日祝は秋スペシャル版のツアーが運行)

始点:越後湯沢駅東口

大地の芸術祭プレイバックツアー Part1 2009-2018(通年)

期間:7/15(月)、20(土)、8/24(土)、31(土)、9/7(土)、14(土)、16(月祝)、21(土)、23(月祝)、28(土)、10/5(土)(※8/10-18は夏スペシャル版、10/12-11/4の土日祝は秋スペシャル版のツアーが運行)

始点:越後湯沢駅東口