大地の芸術祭プレイバックツアー Part1 2009-2018

日程
4/28(日)、30(火)、5/2(木)、4(土)、6(月祝)
料金
大人 12,800円、子供(小中学生) 9,800円(バス代、昼食代、保険代、作品鑑賞代、ガイド代含む)
始点/終点
越後湯沢駅東口/越後湯沢駅東口
交通手段
バス
定員
最小催行人数:2名

20年にわたる「大地の芸術祭」の軌跡を作品とともに辿る日帰りバスツアー。2009-2018コースでは、最新の人気作品や今春企画展覧会が始まる美術館施設を巡ります。初めての方におすすめ!

Kiss & Goodbye(2015)

台湾のベストセラー絵本作家、ジミー・リャオによる作品。JR飯山線プロジェクトとして2015年に制作。小さな男の子が、電車に乗って田舎のおじいちゃんに会いに行くお話。各シーンには越後妻有の風景が登場。雪国に特徴的なかまぼこ型倉庫に絵本の世界が広がります。

詳細ページへ

奴奈川キャンパス(2015)

農業をベースに地域の価値を実践的に学ぶ学校。エントランスには鞍掛純一+日本大学藝術学部の3年がかりの彫刻作品「大地のおくりもの」。農業×サッカー女子「FC越後妻有」や中国ハウスプロジェクト、TSUMARI KITCHENなど、さまざまなテーマでプロジェクトが進行中。

詳細ページへ

五百筆 中国ハウス内(2018)

中国のウー・ケンアンが500人以上の一筆書きを集めて古民家の壁一面を作品化。

詳細ページへ

ドクターズ・ハウス(2018)

韓国のイ・ブルが、元診療所の古民家に、医療器具を用いた作品空間を展開。

詳細ページへ

越後まつだい里山食堂(昼食)

まつだい「農舞台」内のレストラン。顔を知る生産者の育てた新鮮な野菜、越後妻有の生きた自然が育む山菜をたっぷり使って、郷土の味にアレンジを加えた惣菜が並ぶビュッフェ。鏡のテーブルに映りこむアートや、窓に臨む棚田の風景とともにお楽しみください。

詳細ページへ

鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館(2009)

『ちからたろう』などの名作絵本を手掛けた田島征三により、小学校が丸ごと絵本になった美術館です。なつかしい木造の校舎内に、流木をつかったオブジェが飾られています。廊下を進んで教室を覗くと、実在する最後の生徒3人が主人公の心温まる物語が表現された「空間絵本」を体感できます。

詳細ページへ

越後妻有里山現代美術館[キナーレ](2012)

原広司により2003年に建築された大地の芸術祭の里の拠点施設。2012年に美術館としてリニューアルし、約10の体感型の常設作品が楽しめます。池にはレアンドロ・エルリッヒの2018新作も。

詳細ページへ

磯辺行久記念 越後妻有清津倉庫美術館[SoKo](2015)

大型作品を保管しながら展示する倉庫美術館として2015年に誕生。2017年にリニューアルした校舎棟では、磯辺行久の作品群を紹介。2019年度の企画展として、河口龍夫の作品を体育館棟で展開。

詳細ページへ

清津峡渓谷トンネルTunnel of Light(2018)

国の名勝天然記念物 清津峡鑑賞施設「清津峡渓谷トンネル」を改修し、マ・ヤンソン/MADアーキテクツが作品空間に。トンネルを潜水艦に見立て展開。「日本博」Webサイトにも紹介された話題の作品。

詳細ページへ

 

お申し込みにあたって

越後交通株式会社
ツアーに関する問合せ:0258-29-1515


アソビュー
オンライン予約・購入に関する問い合せ
アソビュー サポートデスク:050-5578-6530

https://www.asoview.com/item/activity/pln3000029095/?utm_source=Pamphlet_01

このツアーの行程表

※見学の順番は、変更になる場合がございます
10:00 越後湯沢駅東口集合 越後湯沢駅東口
1 Kiss & Goodbye 見学 ジミー・リャオ「Kiss & Kiss & Goodbye」
2 奴奈川キャンパス見学 奴奈川キャンパス
3 中国ハウス見学 中国ハウス
4 ドクターズ・ハウス見学 イ・ブル「ドクターズ・ハウス」
5 昼食 越後まつだい里山食堂(まつだい「農舞台」内)
6 絵本と木の実の美術館見学 鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館
7 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]見学 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
8 清津倉庫美術館 見学 磯辺行久記念 越後妻有清津倉庫美術館[SoKo]
9 清津峡渓谷トンネル 見学 マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」
18:00頃 越後湯沢駅 越後湯沢駅

その他のツアー

大地の芸術祭プレイバックツアー Part2 2000-2006

期間:4/27(土)、29(月祝)、5/1(水)、3(金)、5(日)

始点:越後湯沢駅東口

大地の芸術祭プレイバックツアー Part1 2009-2018

期間:4/28(日)、30(火)、5/2(木)、4(土)、6(月祝)

始点:越後湯沢駅東口