「大地の芸術祭」の里 越後妻有2020夏

開催概要

7月23日より季節プログラム「『大地の芸術祭』の里 越後妻有2020夏」がスタート! この夏のテーマは“家族であそべる夏休み”。キナーレでは水の中のアートでじゃぶじゃぶあそべる大人気の「水あそび博覧会」を今年も開催。農舞台には、アーティストがつくるエキゾチックなテイクアウト用「里山フードコート」が出現。さらにスタンプラリー付きの野外アートめぐりも。そんないろんな“あそび”ができる、夏の共通パスポートもご用意しました。
この夏は、どこからあそぶ?

|プログラム|

(1)「水あそび博覧会」
(2)「里山フードコート」
(3)「自由でOK‼」/「風の奏でる竹の音」
(4)その他プログラム
(5)共通パスポート
(6)プレゼント(スタンプラリー制覇、パスポート購入者)


(1)「水あそび博覧会」/越後妻有里山現代美術館[キナーレ]


原倫太郎+原游「ウォーターヴィレッジ」photo by NAKAMURA Osamu

キナーレ中央の池ではサップ体験、回廊では水の流れるアート作品や、土日にはオリジナルフローズンアイス販売など、夏をたっぷり楽しめる企画展です。

【会期】7月23日(木祝)~8月30日(日)水休(※8月12日は営業)
10:00~17:00(最終入館16:30)
【参加作家】開発好明、原倫太郎+原游、YORIKO
≫詳細はコチラ


関連イベント:モグラTV
この夏、モグラ君が帰ってきます!
10:00~11:00にはFMとおかまち(78.3MHz)、YouTubeチャンネル「cotobakaihatsu」でトーク配信も。
【開催日】8月8日(土)、9日(日)、10日(月祝)
≫作品紹介はコチラ

 


越後しなのがわバル
会期日程にはランチメニューに「モグラTV」の畑で育てた野菜をのせたキーマカレー「モグランチ」を。平日はカフェメニューをご用意。展覧会とともにお楽しみください。
【メニュー】モグランチ850円(限定30食)、ほかドリンク、スイーツ
【営業時間】①7月23日(木祝)~8月30日(日)の土日祝、8月8日(土)~16日(日)11:00-16:00、② ①以外の日程)12:00-16:00(L.O15:30)水休
【お問い合わせ】025-761-7371
≫店舗紹介はコチラ


(2)「里山フードコート」/まつだい「農舞台」


まつだい「農舞台」は、ソーシャルディスタンス十分で安心、そして抜群に面白いフードコートが出現します。人気の「越後まつだい里山食堂」の新作ランチに加えて、アーティスト・豊福亮が作るエキゾチックなテイクアウト用フードコート「神加味中心」、日にち限定の屋外「里山BBQ」など、お好みの食事を選んで楽しめます。ご家族やご友人と夏の思い出に残るランチタイムをどうぞ!

【会期】「神加味中心(かみがみちゅうしん)」
7月23日(木祝)~8月30日(日)7月28日、29日、8月5日、19日、26日は休館
10:00~17:00(最終入館16:30)
【参加作家】豊福亮
※里山食堂で購入した飲食物を館内外でお召し上がりいただけます。
≫詳細はコチラ

里山BBQ
暑い夏の日差しをたっぷり浴びた、とれたての夏野菜と、越後妻有の名産「妻有ポーク」をバーベキューで楽しみましょう!
【開催日】7月23日(木祝)、24日(金祝)、25日(土)★、26日(日)、8月2日(日)★、8日(土)★、9日(日)、10日(月祝)、11日(火)、12日(水)、13日(木)、14日(金)、15日(土)★、16日(日)、22日(土)★、23日(日)、29日(土)★、30日(日)
11:00~14:00最終受付 90分入れ替え制
★‥有機野菜の収穫体験実施日
収穫体験付きの場合 10:00~収穫体験、11:00~BBQ
≫詳細・ご予約はコチラ


越後まつだい里山食堂
夏野菜とまつだい棚田バンクのおにぎりをメインに店内とテイクアウトでお楽しみいただけるメニューをご用意。子供も食べやすい里山キーマカレーや夏野菜のサンドイッチも。店内、ギャラリースペース、ピロティなどお好きな場所でお過ごしください。(「神加味中心」は要入館、テイクアウトメニューは土日祝日とお盆期間限定)

【店内メニュー】おむすび膳1,000円、子供おむすび膳600円、里山キーマカレー(限定30食)1000円
【テイクアウトメニュー】
単品おむすび、サンドイッチなど日替りパンメニュー400円~
【営業時間】10:00-17:00(L.O16:30)
≫店舗紹介はコチラ


(3)松本倫子「自由でOK‼」、松本秋則「風の奏でる竹の音」/絵本と木の美の美術館


松本倫子「自由でOK‼」
絵本と木の実の美術館11年目の企画展第一弾では作家松本倫子氏をお迎えします。2000年に統合失調症を患い、苦しみの中から彼女を救い出した愛猫「ほっぺ」をモチーフとした作品を描き続け、今では作品数は数千点にも及びます。色彩豊かで下描きなしで描かれる緻密な模様は一度見たら忘れられず、猫の表情はどれも愛らしい。館内いっぱいに展示された作品の様子はまるで美術館が猫に占拠されてしまったかのよう。松本倫子の世界観を全身で感じることのできる企画展です。

【会期】7月23日(木祝)~11月23日(月祝)7月水木休、8月水休(※8月12日は営業)
【参加作家】松本倫子
≫詳細はコチラ

松本秋則「風の奏でる竹の音」
同時開催の第二弾企画展では竹を素材とし、心地よい音を奏でるサウンドオブジェをつくる作家松本秋則氏をお迎えし、絵本と木の実の美術館の緑豊なフィールドいっぱいに風を仕掛けとした爽やかな作品がやさしく奏でます。また、様々に変化するサウンドオブジェの影と、そして偶然から生まれる音の重なりが、館内と屋外にひとつの物語のように展開していきます。

【会期】7月23日(木祝)~11月23日(月祝)7月水木休、8月水休(※8月12日は営業)
【参加作家】松本秋則
≫詳細はコチラ


(4)その他プログラム


「森の学校」キョロロ/「比べてみました!虫のスゴ技展」

ジャンプ、泳ぐ、飛ぶ、鳴くなど生き物は多様な技を持っていています。十日町市松之山周辺に生息する虫の多様性をその「技」に焦点を当て紹介します。また、カブトムシを観察できる「カブトムシ観察コーナー」も開設します。

【会期】7月18日(土)~10月18日(日)火休(※8月は無休)
≫詳細はコチラ


ギャラリー湯山/「増殖と破滅のはざまで—パンデミックに己をどう刻印するか―」

未曽有の新型コロナウイルス禍にあって、表現者として自立的・主体的に生きる証として多種・多様な表現に挑戦。現状況下ならではの「自己」と「今」を発信します。

【会期】8月8日(土)~16日(日)、22(土)、23(日)、29(土)、30(日)10:00~16:00
【参加作家】国内外30~40名の予定
【主催】ギャラリー湯山
≫詳細はコチラ


奴奈川キャンパス「中国ハウスプロジェクト『風の記憶』」

校庭を走るトロッコや、各教室の展示を公開。中国の作家たちの作品を新展開します。

【会期】8月8日(土)~16日(日)10:00~16:00


ベリー・スプーン/ベリーのアイス&ジュース販売、ジャムづくりのワークショップ

「ベリー・スプーン」では、ベリーのアイス&ジュース販売、ジャムづくりのワークショップを開催します。

【開催日】7月23日(木祝)~8月30日(日)の土日祝 10:00~16:00
10:30開始(所要時間1時間、参加費500円、混雑時はお待ちいただきます)
≫詳細はこちら


(5)共通パスポート


共通パスポート
一般2,500円、小中1,000円
【有効期限】2020年7月23日(木祝)~8月30日(日)※7月中旬より販売
【利用可能施設】キナーレ、農舞台、まつだい郷土資料館、絵本と木の美の美術館、清津倉庫美術館、奴奈川キャンパス、キョロロ、清津峡渓谷トンネル、光の館、最後の教室、ギャラリー湯山、Kiss & Goodbye
【販売場所】上記利用可能施設、越後妻有オンラインショップ


(6)プレゼント(スタンプラリー制覇、パスポート購入者)


共通パスポートをもって、キナーレに行こう!
キナーレ1Fには、原倫太郎+原游の巨大なスノードームの作品が登場。写真スポットとしても楽しめるキナーレで、共通パスポートを持ってきた方には、「スノードームペン」をプレゼント。
【引換期間】7月23日(木祝)~8月30日(日)※商品がなくなり次第終了

スノードームペン


拠点施設や野外作品でスタンプを集めよう!
スタンプラリーのゴールはキナーレ。スタンプを全部集めた方はキナーレショップで「ビッグカエルマグネット」か「大地の米1kg」のお好きな方をプレゼント。
【引換期間】8月8日(土)~8月30日(日)

左:まつだい棚田バンク「大地の米」(精米1kg)
右:ビッグカエルマグネット

→8月16日時点でカエルマグネットが配布終了となったため、紙製プラモデル「パイプロイド」に替えさせていただきました。

【スタンプ設置/屋内作品】キナーレ、農舞台、絵本と木の美の美術館、キョロロ、光の館、清津倉庫美術館、清津峡渓谷トンネル、最後の教室、奴奈川キャンパス、ギャラリー湯山、ベリー・スプーン
【スタンプ設置/野外アート】
ジミー・リャオ「Kiss & Goodbye」(土市駅、越後水沢駅)
国松希根太「記憶の痕跡と明日の杜」
藤原吉志子「レイチェル・カーソンに捧ぐ 〜 4つの小さな物語」
内海昭子「たくさんの失われた窓のために」
塩澤宏信「イナゴハビタンボ」
関根哲男「帰ってきた赤ふん少年」
イリヤ&エミリア・カバコフ「人生のアーチ」
サンティアゴ・シエラ「ブラックシンボル」
堀川紀夫「Sky Catcher 09」
栗村江利「再生」
本間純「Melting Wall」

新型コロナウィルス感染予防のため、各施設では、館内でのマスク着用、受付時の検温、入館前後の手指消毒、館内の定期的換気、館内設備の除菌、スタッフの体調管理とマスクの着用を取り組んでおります。また感染拡大状況により、変更や中止の可能性がございますのでご了承ください。

≫症状等に不安がある方の相談窓口はこちら

 

開催概要

日時 2020年7月23日(木祝)~8月30日(日)
場所

越後妻有地域
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]、まつだい「農舞台」、絵本と木の美の美術館 ほか

備考

※企画展や作品の特別開館、イベントなど詳細日時は内容によって異なります。

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。