【急遽決定】10月3-4日、6日 フラム塾開催

開催概要

9月のワークショップは一部雨天により中止となってしまったため、急遽10月に追加でワークショップが決定しました。世界的アーティストである川俣正が手掛けてきた「清水ミュージアム」の制作ワークショップを実施します。10月6日のフラム塾とあわせてぜひご参加ください。

※今月から参加料を一部変更いたしました。
代官山集合で参加:4000円
現地集合で参加:2000円

<プログラム>

① 10月3日(土)- 4日(日)清水ミュージアム制作ワークショップ

【講師】川俣正
【日時】10月3日(土)、4日(日)1泊2日
    ※代官山-農舞台間の送迎車利用、または農舞台集合となります。
【場所】松代エリア(農舞台or代官山集合)
【定員】5名
【内容】長く大地の芸術祭に関わり、旧清水小学校を中心に作品や活動を展開してきた、作家・川俣正。この秋会期に向けて、小学校の体育館にあるジオラマに、新たな手を加えます。当日は、フランスにいる作家とオンライン通話を設定し、作品制作をする予定!
2日目は野の師父と巡り、草花や虫などを観察する「モリアオガエルクラブ」を実施いたします。

② 10月6日(火)フラム塾「北川フラム塾 地域芸術祭のつくられ方」勉強会 第二回

【講師】北川フラム
【日時】10月6日(火)19~21時
【定員】代官山アートフロントギャラリー25名/ZOOMオンライン25名予定(先着)
【内容】先日第一回が終了した、「北川フラム塾 地域芸術祭のつくられ方」勉強会。その第二回を開催します。

2021年の大地の芸術祭に向けて、
・農 (耕作者のいない田んぼの維持・管理)
・食 (地域の食文化継承のためのプロジェクト)
・アート (空家の清掃から始まる芸術祭の作品制作)
・地域づくりプロジェクト (地域資源の再編成による交流プロジェクト・研修旅行)
など、地域芸術祭の背景を知るさまざまな活動と並行して、勉強会を通じて地域と都市の接点で生きる新しい生活の知恵を探究します。隔月で実施し、全7回を予定しております。

【定員】代官山25名/ZOOMオンライン25名予定(先着)

<お申し込み方法>

  • 以下の各申し込みフォームにアクセスし、必要事項をご記入ください。
  • 参加が仮確定いたしますと、ご記入のメールアドレスにお支払方法に関するメールが届きます。(kohebi3@yahoo.co.jpからメールを受け取れるように設定をお願い致します。)
  • 銀行振込をご選択の方は、手順に従ってお支払いいただき、完了を確認しましたら再度こちらからご連絡いたします。
  • 各回定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます

これまでのこへび隊活動とフラム塾の活動記録

8月30日(日) 稲刈り体験ワークショップ

8月22日(土)作家・鞍掛純一との松代城清掃ワークショップ

8月22日(土)作家・鞍掛純一と作品「大地のおくりもの」を彫るワークショップ

7月24日(金)作家・淺井裕介と作品「チョマノモリ」清掃ワークショップ(photo by YONEAYMA Noriko)

モリアオガエルクラブ+草刈りワークショップ

モリアオガエルクラブ+草刈りワークショップ

開催概要

日時 10月3日(土)、4日(日)、10月6日(火)
場所

※会場は日程により異なります

10月3日(土)-4日(日):松代エリア(代官山 or 農舞台集合)
10月6日(火):代官山アートフロントギャラリー(ZOOM によるオンライン参加可能)

料金 ※9月から参加料を一部変更いたしました。
代官山集合で参加:4000円
現地集合で参加:2000円

※フラム塾で第一回分をお支払いいただいていて、第二回から通しでの参加を希望される方は20,000円になります。
※現地活動の料金には昼食代、作業に必要な道具類のレンタル、講師料を含みます。
※現地までの移動は、原則として各自で行います。
(事務局による往復自動車便を運行するので、そちらを利用することも可能です。)
※現地支払い/銀行振り込みにてお支払いいただけます。
※こへび隊説明会に参加した方を優先します。

関連イベント

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。