中国ハウスプロジェクト2020秋「時の旅」

開催概要

2020夏の奴奈川キャンパスでは、2階の教室に展開する中国ハウスプロジェクトの展示がリニューアルします。


展覧会開催によせて

コロナウィルスの影響が世界各地に広がっている中、「大地の芸術祭」の里 越後妻有2020・中国ハウスアートプロジェクトの開催はとても特別なことであり、価値のある展覧会にしたいと思います。

今回参加するアーティストは、妻有での視察および制作を行うことができませんが、中国ハウスは芸術祭の一貫した「人間は自然に内包される」という理念に基づき、活躍している中国の若手アーティスト5組を選定しました。出身地や経歴が違う彼らは、生活に関する思考に基づいた作品制作を行っています。また、OPEN WINDOWこどもアートプロジェクト作品展も披露します。夏は「風の記憶」秋は「時の旅」というテーマを通して、時空の枠を超えて、アートで日本と中国の両国をつなぎたいと思います。

企画=瀚和文化 HUBART


作品紹介

Homer & Dreamer「看見了它(日本語訳:見えた)」

Homer & Dreamer は北京で活躍しているデザイナー夫婦です。奈良に旅行した際に、日本の伝統的な「のれん」が気に入り、夏の風を軽やかな質感で表現する制作を行います。

作家メッセージ
私たち二人は毎年、年に一度日本に短期間滞在していました。広くない部屋で、窓を開けたままぼーっとするのがとても幸せでした。今年はコロナウィルスの影響で行けなくなり、今回の作品を考えました。
この作品は、入り口から窓辺まで配置される五重の「蚊帳」から構成されています。「蚊帳」は昔の中国や日本でよく見られる夏の風物詩でしたが、今は段々使われなくなってきています。蚊帳の要素を使って、吊り上げられた五重の蚊帳にイラストを吹き付けました。重なっている薄い蚊帳の背後には、実際の風景が透けて見えます。風が吹くたび、蚊帳はその形を変えます。人も、蚊帳に描かれた猫も、これで風が「見える」ようになるでしょう。

Photo by NAKAMURA Osamu


mafmadmaf「余下旅程的第一天(日本語訳:残された旅の初日)」

優秀なサウンドアーティストmafmadmafの作品が広州から届きます。彼は2018年に妻有に行ったとき、アート作品を鑑賞すると同時に現地で短編のサウンド付き記録映像を制作しました。妻有の土地や風貌は音楽を通して作品に溶け込んでいます。

作家メッセージ
私は2018年に、二回越後妻有地域に行ったことがあります。一回目は真夏で、フジロックに参加した直後に大地の芸術祭を回って約一週間民宿に泊まりました。二度目は晩秋で、東京で開催される TFoM 東京モジュラーフェスティバルに出演するため、シンセサイザーを持って広州から来ました。炎天下のなか、田んぼの端を歩き、蝉の鳴き声と足音のほか、田んぼの周囲にある電柱からトランス音も聞こえてきました。その時に体感した、この上なく完璧な環境をシンセサイザーの演奏で再現したいと思っています。本来は静かなサウンドスケープに、緩やかに「雑音」を加え、そして徐々に私を前に押し出すようなリズムが流れるー新潟の田んぼで彷徨ったあの瞬間は、永遠の心の安らぎを得られたのです。


龍盼(Long Pan)「《時間のすき間》」

この作品では奴奈川キャンパスの教室の掛け時計に菌類を植えます。菌類は時計の隙間からキノコを生やします。菌類は自然に成長し、枯れていきます。動画で成長過程を記録し、キノコ時計の模型を3Dプリントします。

作家メッセージ
奴奈川キャンパスの閉校後、教室の掛け時計はそのまま止まってしまいました。停止した針は時空が停滞しているような感覚を人々に与えますが、物語はここで終わりません。生命はいつでもチャンスを見つけ、成長します。そして厳粛な建物は懐胎する母体になり、新たな生命体と可能性を同時に生み出します。小学校の内部空間に介入したアートが新しい物語を紡ぎあげることは、そうした可能性のうちの一つです。


陳簡(Chen Jian)「立秋・涼風が約束通りやって来た」

アーティスト陳簡はアモイ出身です。主人公であるネコの「三喜」(サンシー)を通して、中国の東南沿海の門戸としてのアモイの生き生きとした様子と、東南アジアとの間の交流から生まれた昔ながらの地域の特徴を再現しています。

作家メッセージ
「立秋」は「二十四節気」の13番目かつ秋の最初の節気でもあります。絵に描かれている、水遊びをしている小さいゾウはいかにも無邪気で温厚誠実に見えます。主人公の三喜は花を摘み、微笑みながら秋の涼しげな風を待っていました。
中国では「象」の音が「祥」に通じることから、吉祥の象徴とされ、万事めでたく順調に運ぶようにという願いがこめられています。立秋の涼しい風が吹くと、空気がさっぱりとなります。真夏を乗り切っていた人々は、涼しい風が来るのをずっと待っており、遅れずにやって来るよう心の中で祈っていました。

夏の展示の様子 Photo by NAKAMURA Osamu


林秀丹(Lin Xiudan) + 分形島文化「山間を歩く少年」

作家は地域を訪れ、自然を観察する一人の少年を通して、彼の感覚の冒険を探求しました。人々はどのように時間と付き合い、楽しみを見いだし、身の回りの自然や足もとの大地から審美眼と知恵を養うのだろう、ということがテーマになっています。


OPEN WINDOWこどもアートプロジェクト

多様なアートを通じて、子供たちの想像力と創造力を啓発する国際的な交流プラットフォーム。第1回の作品展が奴奈川小学校で行われます。地元の子供たちは教室に溢れる世界の子供たちのアイデアと出会い、インスピレーションを分かち合います。作品を通して、子供たちの素直さとありのままを感じていただければ幸いです。

Photo by NAKAMURA Osamu


作家紹介

Homer & Dreamer

homer dreamer

共に2013年に中央美術学院を卒業。その後、家族になり、アトリエを設立。クライアントワークを行いながら、日常生活を題材として作品制作を行う。

徐鴻淼 (Xu Hongmiao)
中央美術学院デザイン学部を卒業。UIデザイナー、イラストレーター。2014-2018 年TAGDesignにてデザイナーとして務める。多数のアプリケーションを開発しAppleAppStoreに推薦されたことがある。2018年から個人のゲームプロジェクトをつくっている。

譚 夢(Tan Meng)
中央美術学院設計学院を卒業。ブランドデザイナー、アルバムジャケットデザイナー、イラストレーターとして活躍。北京Modern SkyやPM Designでビジュアルデザイナー、アルバムジャケットデザイナーを務める。

mafmadmaf

mafmadmaf
中国広州市で活躍するシンセサイザー奏者、アートディレクター、ミニマリスト。彼は環境音楽をベースとしたシンセサイザー音楽の制作に長け、その音色は時に繊細で、時にとても力強い。ノイズ、実験やサウンドスケープなどに強い関心を持ち、プログラミングを活かしながら、音と光で時空を表現する。彼は様々な場面や状況下で生演奏を行う。

龍盼(Long Pan)

long pan
中国美術学院メディア科卒業。
環境の変化と密接に関わる菌類の成長を研究しつづけており、菌類を媒介として制作を行っています。

主な展覧会
2020 「青年絵」 華美術館(シンセン)
2019 個展「末日栖居」十方芸術センター(重慶)
2019 「復帰芸術祭」(重慶)
2019 「之江国際青年芸術ウィーク」(杭州)
2019 「無効兑换」中国美術学院美術館(上海复星芸術中心)
2018 「設計与思維」香港科技大学(香港)
2017 「ヴェネツィア・ビエンナーレ 中国館開幕パフォーマンス」アニメプロデューサー(イタリア)
2017 「無界動生」三尚当代芸術館(杭州)
2016 「WORKING OUT -WORKING IN」北京デンマーク文化センター(北京)

陳簡(Chen Jian)

chen
1976年生まれ。福建師範大学を卒業。

個展
2019年8月「三喜采薬図」NITE SPACE空間(上海)
2019年6月「雲図」脸界芸術空間(アモイ)
2017年9月「未来変奏曲」発.生記(上海)
2015年2月「万物静默」紙の時代書店(アモイ)
2014年11月「万物静默」旧雨今来軒画廊(アモイ)

分形島文化(クリエイティブ・コレクティブ)

Fractal Island
「地域文化」に重点を置き、「知識を求め、美を求め、生活を愛する」ことを追求しています。2019年に「伝統技術の都市新生」というコミュニティプロジェクトがマカオ一帯一路研究センター及びマカオ都市大学フォーラム「芸術とコミュニティ」プロジェクトライブラリに入選しました。2020年には「都市発展の楽しみ」をテーマにした展示会を企画しています。

林秀丹 (ピアニスト、音楽教育者)

Lin Xuidan
中国、アメリカ、カナダ、ポルトガルなどの国でワンマンライブ行ってきました。音楽教育の子供の心の成長プロセスに対する影響および、中国と海外の芸術教育システムの比較研究に関心を持っています。学生が音楽とアートを通じて社会とつながり、文化の多様性を理解し、発想力と想像力を発展させていくことを推進しています。

開催概要

日時 2020年10月10日(土)~31日(土)の土日
場所

奴奈川キャンパス(十日町市室野576)

料金 一般500円、小中250円 2020秋共通パスポートで入館可

関連イベント

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。