越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village 2021(チケット完売しました)

開催概要

緊急事態宣言の延長を受け、新潟県民向けイベントとして開催します

楽しみにされていた皆様には誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

「越後妻有 雪花火」が、2021年3月6日に新潟県民向けイベントとして開催されます。見渡す限りの雪原に色とりどりに輝く光の花畑が幻想的に広がる、髙橋匡太「Gift for Frozen Village 2021」。夜空には、冬の花火では最大級の三尺玉や、ミュージックスターマインが一足早い一夜限りの春を届けます。闇の中に一瞬だけ浮かび上がる雪の世界をぜひ体感ください。

【日時】2021年3月6日(土)
三脚エリア解放:16:30~
髙橋匡太「Gift for Frozen Village 2021」開場:16:30~
雪花火打上:18:30~数分間
チケット(要事前予約):大人2,000円 小中学生1,000円
アクセス:シャトルバスまたは自家用車(要事前予約)
【会場】あてま高原リゾートベルナティオ(新潟県十日町市珠川)
※新型コロナウィルス感染症の状況により、イベントの中止またはプログラムが変更となる場合があります

会場へお越しいただけない全ての皆様へ贈る
ハッシュタグ「#越後妻有雪花火2021」プロジェクト

今年の「越後妻有雪花火/Gift for Frozen Village 2021」を楽しみにしていただいていたにも関わらず、会場へお越しいただけないお客様、サポーターの皆様へ、大地の芸術祭公式SNS(Instagram、Twitter、Facebook)を通じて会場の準備・制作風景から当日の様子を、写真・動画でお贈りします。
また、これから会場で準備を進めていくアーティスト、現地サポーター、スタッフも、ハッシュタグ「#越後妻有雪花火2021」で随時投稿・発信をしていきます。当日は、会場にお越しいただく皆様からも、ぜひハッシュタグをつけて「#越後妻有雪花火2021」の投稿をお願いします!

コロナ感染症対策に関するお知らせ

・「越後妻有 雪花火」は、各種ガイドラインに基づく新型コロナ感染症対策を行ったうえで開催いたします。
・会場内ではマスク着用、ソーシャルディスタンスの確保、手指消毒、検温などを徹底します。
・飛沫感染防止のため、会場内での飲食物提供は行いません。

【ご参加にあたってのお願い】
コロナ対策のため、ご参加されるお客様に必ず守っていただくことがございます。
くわしくは次のPDFをご覧ください。


チケットについて
「越後妻有 雪花火2021」⇒チケットは完売

▼新潟県民向け電子チケット販売⇒完売(2/24更新)

予定していたチケットは、全て完売しました。たくさんの方からのご購入ありがとうございました。

※当日、ベルナティオに宿泊予定の方については、宿泊者様専用の申し込みフォームをご用意します。ベルナティオからのご案内をお待ちください
※各種バスツアーをご利用予定の方は、オンライン予約の必要はありません。ツアー主催者の詳細をご確認ください

サポーター活動(光の花畑づくり)の参加者を募集しています。
》こちらをご確認ください

【2月8日追記】
緊急事態宣言の延長を受け、新潟県民向けイベントとして開催します。
受付時にすべてのお客様の住所を確認します。当日は現住所のわかる身分証明書等をお持ちください。

<三脚・一脚エリアの利用について>

三脚・一脚を利用した写真撮影をご希望の方は、三脚・一脚エリアに撮影席をご用意しますので、こちらでお申し込みください。抽選により席を指定します。ご希望多数の場合は、エリア内にご入場いただけない場合があります。

※エリア外で三脚・一脚を持って立ち止まる行為は、ソーシャルディスタンスの確保が難しくなるので、禁止とします。ご来場の皆様の安全・安心確保のため、ご理解とご協力をお願いします


▼越後妻有2021冬SNOWART共通パスポート セット割販売

「大地の芸術祭の里」で展開する冬プログラムを満喫できる一般の「共通パスポート(¥2,000)」と「雪花火の電子チケット(¥2,000)」を両方購入すると、割引が受けられます。

【割引価格】一般:500円OFF 小中学生 :*割引なし

【割引方法】
・共通パスポート(一般)購入時に、「雪花火」電子チケット購入画面提示で割引になります。
・共通パスポート購入後に電子チケット購入画面を提示される場合は、キナーレ受付にてキャッシュバックが可能です。


アクセスについて

チケット購入時に、シャトルバス(または自家用車)の予約が必要です。
シャトルバスは、チケットごとに設定された集合時間・集合場所にお越しください。
券種ごとに枚数制限がございますのでご注意ください。(当日券の販売は行いません)

【集合場所】
・十日町駅西口(駅利用者向け)
・十日町市役所本庁正面
・段十ろう正面
・JA十日町本庁駐車場
・十日町市役所中里支所正面
・会場隣接駐車場(自家用車利用者向け:駐車料金1台10,000円)※用途:駐車場除雪費など
※「十日町駅西口」のシャトルバス乗り場は無料駐車場がありません。公共交通機関でお越しください。

▼冬プログラムサポーター活動について

「越後妻有 雪花火」が新潟県民向けイベントとして実施することを受け、サポーター活動も県内在住の方を対象に募集をさせていただきます。皆様のご参加をお待ちしております!


【旅行会社の皆様・団体ツアーをお考えの皆様へ】

越後妻有雪花火では、団体ツアー向けのバス駐車場をご用意しております。
駐車場には限りがございますので、団体ツアーをお考えの際は、「越後妻有雪花火 団体駐車場予約申込書」をご提出ください。


「越後妻有 雪花火」に関するお問合せ

十日町市観光交流課:025-757-2637

当日の取材について

新型コロナウイルス感染症対策として、混雑緩和、来場者の事前把握を行うため、当日の取材を希望される報道機関の皆様におかれましては、下記のとおり会場までの無料シャトルバスを事前に別紙にて申込みくださるようお願いします。
≫詳細資料・お申し込み


参加作家

髙橋匡太

kyota

1970年京都生まれ。1995年京都市芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。東京駅100周年記念ライトアップ、京都・二条城、十和田市現代美術館など、光や映像を屋外空間へのプロジェクションの手法により、大規模なライティングインスタレーションを多数制作。越後妻有での「Gift for Frozen Village」など多くの人とともに作る参加型アートプロジェクトも数多くてがける。

mica bando

bando

東京藝術大学音楽学部ピアノ科及びBerklee音楽大学シンセサイズ科ボーカル専攻卒業。パフォーミングアーツSLOW MOVEMENT、ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017、山口ゆめ花博ナイトプログラム、ちひろ美術館にてコンサートをプロデュース・演奏するなど多岐に渡り音楽を担当。2017年オリジナルアルバム「Anonymoth」発表。髙橋匡太氏作品「ゆめのたね」六甲高山植物園ナイトミュージアムを経て、2019年より越後妻有大地アートプログラム「ひかりの花畑-Gift for Frozen Village-」の音楽も制作している。

※トップ写真:Kyota Takahashi「 Gift for Frozen Village 2015」/越後妻有 雪花火2015 Photo by NAKAMURA Osamu

開催概要

日時 2021年3月6日(土)
三脚エリア解放:16:30~
高橋匡太「Gift for Frozen Village 2021」開場:16:30~
雪花火打上:18:30~数分間
場所

あてま高原リゾートベルナティオ(新潟県十日町市珠川)

料金 <完全オンライン予約制>
一般2,000円、小中学生1,000円
※花火の打ち上げが中止となった場合でも払い戻しはいたしません
備考

新型コロナウィルス感染症の状況により、プログラムが変更となる場合があります。天候によっては打ち上げを中止する場合があります。花火打ち上げ中の傘のご利用はご遠慮ください。防寒・防雪対策を万全にしてお越しください。

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。