「北川フラム塾 芸術祭を横断的に学ぶ」開講!

開催概要

北川フラム塾は、地域芸術祭の背景を学んでいくプログラムです。

前回の「北川フラム塾 地域芸術祭のつくられ方」(2020年8月~2021年8月)では、「大地の芸術祭」を軸に、農・食・アート・地域づくりプロジェクトに関する勉強会と、現地での作品制作や田植え等のワークショップを開催いたしました。

今回の「北川フラム塾 芸術祭を横断的に学ぶ」は、芸術祭に関する様々な分野の専門家にお話を聞くとともに、「大地の芸術祭」だけでなく他の地域の芸術祭(「瀬戸内国際芸術祭」や「奥能登国際芸術祭」など)に関する取り組みも紹介していきます。


<プログラム>

第1回:南条嘉毅 × 川村清志 10月11日(月)19時~21時

今年開催された「奥能登国際芸術祭2020+」に際して、劇場型民俗博物館「スズ・シアター・ミュージアム」がオープンしました。これは、「大蔵ざらえ」によって収集された民具の博物館でありながら、民具を主役に据えた作品を鑑賞できる劇場でもあります。今回は、キュレーションを担当された作家の南条嘉毅さんと、歴史民俗学アドバイザーとして関わられた国立歴史民俗博物館の川村清志さんをお呼びして、「スズ・シアター・ミュージアム」を掘り下げていただきます。

奥能登国際芸術祭2020+「スズ・シアター・ミュージアム」(2021)Photo : Keizo Kioku

奥能登国際芸術祭2020+「スズ・シアター・ミュージアム」(2021)Photo : Keizo Kioku

第2回:平田オリザ 11月22日(月)19時~21時

*第3回以降の登壇者は追って発表いたします。以下のテーマを検討しています。
アート/地域おこし/食/農/環境/公共空間/デザイン/建築/手工業 etc.


〈詳細/お申し込み〉

[開催場所]
・会場参加:アートフロントギャラリー/東京都渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラスA棟
・Zoom参加:お申し込み後リンクを送付致します
※現地参加には人数制限がございます。あらかじめご了承頂けますと幸いです

[スケジュール]
・2021年10月から2022年9月にかけて、毎月1回、全12回の開催を予定
・毎月第2月曜日に開催(ゲストの都合で変更になる可能性あり)
・全12回の通し参加券をご購入の方を対象にしたイベントも開催する予定です

[参加費]
・会場参加:2,500円
・Zoom参加:2,000円
・全12回 通し参加 22,000円

*各回イベント終了後の1週間限定で見逃し配信をご覧いただけます。
*会場参加は、通し参加者優先の先着とします。

[申し込み方法]
①Peatix
下記のPeatixサイトにてお申し込みください。
第1回への参加申し込み
通し参加申し込み

②銀行振込
下記のGoogleフォームにてお申し込みください。
お申し込みが確認でき次第、お振込先をご案内させていただきます。
第1回への参加申し込み
通し参加申し込み

*第2回以降はイベントの詳細が決まり次第、サイトにて告知いたします。


過去のフラム塾の様子

12月27日小松宏誠作品「Winter Circlet 」清掃・メンテナンスワークショップ

11月1日「オーストラリア・ハウス」秋の会(雪囲い)

10月20日高野ランドスケープを講師に迎えた環境整備ワークショップ

10月3日(土)清水ミュージアムでの川俣正作品制作ワークショップ

9月13日(日)カサグランデ&リンターラ建築事務所作品「ポチョムキン」清掃ワークショップ

8月30日(日) 稲刈り体験ワークショップ

8月22日(土)作家・鞍掛純一との松代城清掃ワークショップ

8月22日(土)作家・鞍掛純一と作品「大地のおくりもの」を彫るワークショップ

7月24日(金)作家・淺井裕介と作品「チョマノモリ」清掃ワークショップ(photo by YONEAYMA Noriko)

開催概要

日時 第1回:10月11日(月)19時~21時
第2回:11月22日(月)19時~21時
場所

アートフロントギャラリー(代官山/zoom参加可)
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29−18 ヒルサイドテラスA棟

料金 会場参加:2,500円
Zoom参加:2,000円
全12回 通し参加 22,000円

関連イベント

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。