「大地の芸術祭」の里 越後妻有2021冬 SNOWART

開催概要

里山アートで、雪あそび!

雪国・越後妻有は、冬が一番楽しい⁉ 雪とアートがコラボレーションすると、楽しさ無限大。待望の「雪花火」で、光の花畑に再会しよう。地元のお母さんのおもてなし「雪見御膳」も満喫できる日帰りツアーで、楽しい雪国の旅を。

|プログラム|

(1)越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village2021
(2)2021冬  越後湯沢発着日帰りオフィシャルツアー
(3)「雪あそび博覧会」キナーレ・農舞台
(4)野外アート
(5)その他のプログラム
(6)共通パスポート


(1)越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village2021

参加作家=髙橋匡太(Gift for Frozen Village)/mica bando(音楽)
日時:2021年3月6日(土)
会場:あてま高原リゾートベルナティオ
≫詳細はこちら

髙橋匡太「Gift for Frozen Village 2019」


(2)2021冬 越後湯沢発着日帰りオフィシャルツアー

冬の越後妻有を感じる、越後湯沢発着の日帰りバスツアーを運行します。昼食は、雪国の知恵と文化がつまった「雪見御膳」をお腹いっぱい召し上がり、里山に広がるアート作品をお楽しみください。
日程:2021年2月20日(土)(※1月23日から変更になりました)~2月28日(日)毎週土日運行
料金:一般12,800円、中学生以下10,800円(作品鑑賞料、昼食代、バス代、ガイド代含む)
※3月6日(土)は、雪花火付きの日帰りツアー実施予定
※GoToトラベル適応予定(適応状況については、ツアーの申し込みページよりご確認ください。
※詳細・ご予約は順次公開予定

※緊急事態宣言を受け、ツアー会期を2月20日~28日の土日に変更しました。販売開始は2月上旬を予定しております。(1月8日更新)
※当初立ち寄り予定だった「清津峡渓谷トンネル」は、現在大雪のため見学不可となっており、ツアーでの立ち寄りも中止となりました。(1月8日更新)

「雪見御膳」


(3)「雪あそび博覧会」 キナーレ・農舞台 


今年は、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]の屋外、まつだい「農舞台」の野外と三つの会場でさまざまな作品やイベントが開催されます。厳しい雪国の冬とアーティストが出会い、楽しく遊べる作品が誕生します。
≫詳細はこちら

【参加作家】深澤孝史、YORIKO、鞍掛純一、岡藤石、磯崎道佳、雪アート・新潟ユニット、堀川紀夫、ReBuilding Center Japan

【キナーレ野外会場/会期】1月23日(土)~3月14日(日)水休
【農舞台野外会場/会期】2月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)、3月6日(土)、7日(日)の6日間のみ

※キナーレ・農舞台ともに、館内のリニューアル工事中です。「雪あそび博覧会」は野外会場にて行います。農舞台は、「越後まつだい里山食堂」のみ営業しています

「雪板」体験

米粉の縁起菓子「チンコロ」づくり


(4)野外アート


真っ白な雪原にそびえ立つ、野外アートを見に行こう! 降雪量によっても表情を変える、雪国×アートの新たな楽しみ方を味わえます。
Google Mapで各作品名を入力すると、場所が表示されます。

※降雪状況により、作品が鑑賞しにくい場合があります

ジャウマ・プレンサ「鳥たちの家」

関根哲男「帰ってきた赤ふん少年」


(5)その他のプログラム


「森の学校」キョロロ

アンコール企画展「美人林ものがたり~里山の美しきブナの森の秘密~」

四季折々の美人林の美しさの背景を、ブナ林に関わる里山の暮らし、雪国ならではのブナの生態などから紐解きます。
【会期】開催中~2021年3月14日(日)まで 火休
≫詳細はこちら


クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」土日のみ開館

作品「最後の教室」が、冬プログラムの開催期間中の土日に開館します。
【日程】1/23(土)~3/14(日)の土日のみ 10:00~16:00

「最後の教室」


ジェームズ・タレル「光の館」

光のアーティスト、ジェームズ・タレルの作品として生まれたゲストハウス。見学も可。
※見学できない日時があります。事前にご確認ください
≫詳細はこちら


マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light(清津峡渓谷トンネル)」

越後妻有の新たな名所として話題の清津峡渓谷トンネル。混雑緩和のため、土日祝日は完全オンライン事前予約制です。

>>大雪のため、2020年12月22日(火)より当面の間、休抗となります。

≫オンライン予約・詳細はこちら

冬は、雪景色が鏡面に写り込むパノラマステーション(最終見晴所)


(6)越後妻有2021冬SNOWART 共通パスポート

すべての作品の入場券がひとつになったパスポート。さらに、エリア内(十日町市・津南町)で使える飲食店のクーポン付き!


共通パスポート

一般2,000円(500円クーポン×2枚付き) 小中学生500円

【有効期限】 2021年1月23日(土)~3月14日(日)
【販売期間】 2021年1月初旬~3月14日(日)
【利用可能施設』十日町市総合観光案内所、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]野外会場(1/23~)、
【販売場所】上記利用可能施設、越後妻有オンラインショップ

※クーポンの有効期限は2021年3月31日(水)まで
※クーポンの利用対象店は追ってご案内します

≫共通パスポート・クーポンの詳細はこちら


コンプリートキャンペーン

共通パスポートのスタンプを集めよう!
スタンプをすべて集めた方に、キナーレ受付で「大地の芸術祭」グッズをプレゼント。
【引換期間】2月20日(土)~3月14日(日)

※パスポート1枚につき、引換は1回です
※休館日は各施設ごとに異なります。期間限定公開の作品がございますのでご注意ください

「大地の芸術祭」の里 オリジナルステーショナリーセット


Photo by NAKAMURA Osamu, YANAGI Ayumi,  KURATANI.T

開催概要

日時 2021年1月23日(土)~3月14日(日)
場所

越後妻有地域
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]、まつだい「農舞台」、あてま高原リゾートベルナティオ ほか

料金 共通パスポート 一般2,000円、小中学生500円
※「越後妻有 雪花火」は、完全オンライン予約制で別途手続きが必要です。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。