【10/10-11/1土日】2020秋モデルコース④(紅葉スポット巡り&かたくりの宿宿泊)

このコースは紅葉も新米も楽しみたい方にオススメ。清津峡、美人林、秋山郷をポイントに、紅葉とアートを巡る旅へ。さらに木造小学校をリニューアルした「かたくりの宿」宿泊に泊まってみませんか?

作品情報と地図

9:00 紅く染まった清津峡渓谷の作品からスタート
マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(2018年)
越後妻有を代表する名所のひとつ、清津峡渓谷トンネルのエントランス施設(新築)とトンネル内部を、2018年の「大地の芸術祭」でアート作品としてリニューアル。全長750mのトンネルを外界から遮断された潜水艦に見立て、外を望む潜望鏡として作品を展開します。(※紅葉シーズンは非常に混みますので、芸術祭や清津峡トンネルの公式twitterで駐車場満車情報を事前にご確認ください)

【写真/提供:(一社)十日町市観光協会】
15分
10:15 トンネル周辺の野外アートは必見①
内海昭子「たくさんの失われた窓のために」(2006年)
清津峡トンネルから車で15分ほどにあるアート作品。窓から見える風景を通して、外に広がる妻有の風景をもう一度発見するための窓。揺れるカーテンは風を映します。

※作品に登る行為は禁止しています。非常に危険であり、作品の破損につながることもありますのでご注意ください。
3分
10:30 トンネル周辺の野外アートは必見②
カサグランデ&リンターラ建築事務所「ポチョムキン」(2003年)
かつてゴミが不法投棄されていた場所を、フィンランドの建築家がアート化。小さな公園をつくる「ポケットパーク事業」にあわせ、公共事業をアート化した代表例。不法投棄されたショベルカーの一部やタイヤなども使って展開しています。
4分
10:45 (車窓から)中学校、鳥居、鉄筋のオブジェ。どこまでが作品?
リチャード・ウィルソン「日本に向けて北を定めよ(74°33'2”)」(2000年)
中里中学校の隣に設置された作品は、ロンドンにある作家の自宅をもとに、実物大の構造だけ、方位を保ったまま妻有に移動させたもの。ロンドンと妻有という距離的にも文化的にもかけ離れた土地を空間的に関係させた試み。横にある大きな鳥居まで作品に見えてきます。
15分
11:00 絵本の世界へトリップ。ランチもOK
鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館「自由でOK!!」/「風の奏でる竹の音」展
1F校舎棟が猫ねこネコ...だらけ! 作家・松本倫子が緻密な模様と明晰な色使いで描く愛猫「ほっぺ」と、不思議美術家の松本秋則が手掛ける竹と音のインスタレーションを同時に楽しめるスペシャルな企画展がスタートします。館内のHachi Caféでは、コーヒーやデザート、野菜どっさりカレーやお子様用のカレーもご用意。
20分
12:20 子どもも楽しめる野外アート巡り
「帰ってきた赤ふん少年」「イナゴハビタンボ」など
絵本と木の美の美術館から農舞台に向かう途中には、たくさんの野外アート作品が出没します。そのうち「帰ってきた赤ふん少年」「イナゴハビタンボ」はスタンプラリー対象作品でもあるので、ぜひスタンプを集めて豪華賞品を貰いましょう。
5分
12:30 お昼は農舞台で「クレイジーBBQ」
BBQ/豊福亮「神加味中心」展/松本勇馬「米偶の親子」(わらアート
農舞台では、「越後まつだい里山食堂」の秋メニューを、アーティスト豊福亮がつくる怪しい路地裏感漂う作品内または里山食堂でお召し上がりいただけます。また屋外では、東京・関西を中心にケータリングサービスを展開するCRAZY KITCHEN監修のBBQを開催中!BBQのお申し込みは以下「詳細」ボタンへ。
15分
13:45 秋の美人林&キョロロへ
美人林/「森の学校」キョロロ(2009年) ※隣接
2003年に建築された自然科学館。里山の生き物たちの生体展示コーナーや季節ごとに企画展を開催。立ち姿の美しいブナ林「美人林」も隣接。
10分
14:00 【土日祝限定】廃校をまるごと作品にした「最後の教室」
クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」(2006年)
写真や洋服などを使って人間の不在を表現してきたクリスチャン・ボルタンスキーの名作。廃校になった小学校をまるごと使い、かつてそこにいた子どもたちや教師たちの冬の姿を感じさせる作品です。2階では2018年の同作家の作品「影の劇場 〜愉快なゆうれい達〜」もご覧いただけます。(閉館16:00)
35分
15:00 「日本の秘境100選」に選ばれた秋山郷で、小学校に宿泊!
秋山郷 結東温泉 かたくりの宿
教室のあった場所を改築し、ゆっくりとおくつろぎいただける和室を7部屋ご用意しています。校長室があった場所はお風呂になりました。体の芯まで温まる温泉です。学校だった頃の面影を残す体育館やグランドはスポーツ、勉強会、音楽会など多目的にご利用いただけます。かつてのプールでは本間純氏の作品「Melting Wall」(2003)をご鑑賞いただけます。

開催概要

日程 10月10日(土)~11月1日(日)の土日
料金 全作品をお得に楽しめる秋の共通パスポートがオススメ
一般2500円(税込):1500円分クーポン付
小中1000円(税込):500円分クーポン付
始点/終点 清津峡渓谷トンネル/秋山郷(かたくりの宿)
交通手段
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。