【10/10-11/1土日】2020秋モデルコース(十日町~川西エリア)

この秋は新米を食べよう。スタンプラリーに連動した清津峡渓谷トンネルから十日町・川西エリアを巡るモデルコースです。お昼は「うぶすなの家」でボリューム満点なお母さんたちの手料理!

作品情報と地図

9:00 紅く染まった清津峡渓谷の作品からスタート
マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(2018年)
越後妻有を代表する名所のひとつ、清津峡渓谷トンネルのエントランス施設(新築)とトンネル内部を、2018年の「大地の芸術祭」でアート作品としてリニューアル。全長750mのトンネルを外界から遮断された潜水艦に見立て、外を望む潜望鏡として作品を展開します。(※紅葉シーズンは非常に混みますので、芸術祭や清津峡トンネルの公式twitterで駐車場満車情報を事前にご確認ください)

【写真/提供:(一社)十日町市観光協会】
30分
10:20 絵本の世界へトリップ。カフェもオススメ
鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館「自由でOK!!」/「風の奏でる竹の音」展
1F校舎棟が猫ねこネコ...だらけ! 作家・松本倫子が緻密な模様と明晰な色使いで描く愛猫「ほっぺ」と、不思議美術家の松本秋則が手掛ける竹と音のインスタレーションを同時に楽しめるスペシャルな企画展がスタートします。館内のHachi Caféでは、コーヒーやデザート、野菜どっさりカレーやお子様用のカレーもご用意。
30分
11:10 無人駅前に置かれたまったく同じ大きな岩
目「repetitive objects」(2018年)
無人駅である魚沼中条駅前の広場に、大きな岩が二つ。ずっと昔からそこにあったように見えるその岩は、二つとも寸分違わず同じ形をしています。いま注目を集める現代芸術チームによる本作は、私たちの住む世界の偶然と必然をゆっくりと語りかけます。
10分
11:25 下条駅に佇む高さ11mの茅葺きタワー
みかんぐみ+神奈川大学曽我部研究室「下条茅葺きの塔」(2012年)
JR飯山線下条駅前にそびえたつ、建築家が手掛けた高さ11mの茅葺きのタワー。かつて多くの茅職人が暮らしていた下条地区は、棚田が広がる稲作の地。塔の内部には地元住民が持ち寄った民具が吊り下げられています。
15分
11:45 胎盤のような守られた神聖な空間
古郡弘「胞衣―みしゃぐち」(2006年)
十日町市の北限、5軒の家が暮らしを紡ぐ願入集落。市街地とは時間の流れが違うこの場所で、作家は「場所の気配を形にしよう」と試みました。胎児を守る胎盤を意味する「胞衣(えな)」が象徴するように、土の中、何かに守られたような神聖で穏やかな空間が生まれました。
3分
12:00 茅葺の古民家でお母さんたち手作りランチ
「うぶすなの家」(2006年)
1924年築、越後中門造りの茅葺き民家を「やきもの」で再生しました。1階には、日本を代表する陶芸家たちが手掛けたいろり、かまど、洗面台、風呂、そして地元の食材を使った料理を陶芸家の器で提供する作品兼レストラン。2階は3つの茶室から成るやきものの展示空間。温もりのあるやきものと茅葺民家、集落の女衆たちの溌剌とした笑顔とおしゃべりが人気を集めています。
30分
13:40 光の館
ジェームズ・タレル「光の館」(2000年)
光のアーティスト、ジェームズ・タレルの作品。この実験的な作品は、世界で唯一宿泊もできるタレルの作品であり、瞑想のためのゲストハウスとして構想されました。タレルはこの構想を、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』の中から見出しました。伝統的な日本家屋における親密な光に、自らが制作してきた光の作品を融合させることを着想したのです。
20分
14:15 巨人が眠る散策道
エステル・アルバルダネ「庭師の巨人」(2000年)
散策道に眠れる巨人の身体が、顔、両手足の5個のパーツに分かれ、ところどころに現れます。山中に眠る庭師の巨人に導かれ、踏みしめる土や、背を覆う木々に宿る生命を感じながら歩きましょう。
20分
15:00 ねじ曲がった駐車場
R&Sie建築事務所「アスファルト・スポット」(2003年)
この作品は駐車場です。それは地形の一部で、既存の道の延長でもあります。十日町市は土地の隆起が激しく起こって今の地形ができました。それをイメージさせつつ、背景の山並みと対応した形を表現しています。
5分
15:10 キナーレで作品を吟味したら、隣接する道の駅へ
原広司+アトリエ・ファイ建築研究所「越後妻有里山現代美術館[キナーレ]」(2012年)
2003年十日町エリアの拠点として誕生した施設が、2012年に美術館として生まれ変わりました。中央の池ではトリエンナーレ時には目玉作品が設置されてきましたが、2018年には、レアンドロ・エルリッヒの作品「Palimpsest:空の池」が恒久設置され、原広司の建築と融合し、新しい表情をもちました。隣には道の駅「クロステン」があり、地元の野菜なども購入できます。
16:00 宿泊するなら「光の館」「うぶすなの家」がオススメ

開催概要

日程 10月10日(土)~11月1日(日)の土日
料金 全作品をお得に楽しめる秋の共通パスポートがオススメ
一般2500円(税込):1500円分のクーポン付
小中1000円(税込):500円分のクーポン付
始点/終点 清津峡渓谷トンネル/十日町博物館
交通手段
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。