車で巡る、大人のREFRESHコース【7/30-9/4(火水以外)】

拠点施設や津南方面の新作を巡る日帰りモデルコース。旅の最後は竜ヶ窪温泉でリフレッシュ。火水曜は芸術祭お休みなのでご注意を。

詳細をみる

7:48 東京駅出発
約1時間
上越新幹線
9:07 越後湯沢駅到着、レンタカーを借りる
検温スポットにて健康チェック @広域観光情報センター
検温スポットにて健康チェックを行い、その日の日付が入ったリストバンドのご着用いただいたうえで作品鑑賞が可能となります。リストバンドを着けたら、レンタカーを借りていざ出発。
50分
10:20 昨年リニューアル、地域を代表する現代美術館
越後妻有里山現代美術館 MonET
昨年夏にリニューアルし、新作が多数公開となった芸術祭の拠点施設。到着したらまずは、作品鑑賞前に必ず立ち寄りが必要な検温スポットに。イベントや旅立っていったアーティストと作品を偲ぶ追悼展覧会シリーズも開催します。ミュージアムショップでアーティストグッズやお土産のご購入もできます。
淺井裕介「チョマノモリ」/富田紀子「琴線」
MonETの壁画に登場した淺井裕介の新作とあわせて、徒歩でいける淺井裕介の旧作と、富田紀子の撚糸工場で展開する新作もご覧ください。いずれも、織物産業で盛大に栄えた十日町市の歴史から、淺井作品は「苧麻(ちょま)」をモチーフに横断歩道の素材を使った作品を広場に展開し、富田紀子は空間全体を「織る」ような機織り機のインスタレーションを撚糸工場で展開します。
30分
12:00 現代アートと里山の宝庫、フィールドミュージアムへ。
越後まつだい里山食堂
四季の風景が映り込むアート作品空間にて、里山で採れた食材を現代風にアレンジした大人気の「里山ビュッフェ」をお召し上がりいただけます。
まつだい農舞台フィールドミュージアム
ランチを食べて眠くなってきたら、農舞台館内と裏手に広がる城山を散策。城山には30点以上の野外作品が点在しています。余裕があればぜひ城山頂上の松代城まで。2021年に公開された新作3点が、松代城内でご覧いただけます。※城山の途中まで車で向かい、その後徒歩15分で松代城を目指します。
20分
15:00 廃校をまるごと使用した圧巻のインスタレーション。
クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」
生と死をテーマに作品を作り続けたクリスチャン・ボルタンスキーが豪雪のシーズンに現地に訪れて、静かに降り積もる雪にインスピレーションを受けた作品。廃校の記憶と空間に圧巻されます。
20分
15:40 お酒の匂いが香る苗場酒造で作品鑑賞
早崎真奈美「Invisible Grove 〜不可視の杜〜」
苗場酒造の2階に上がると、紙のインスタレーション作品を展開する作家、早崎真奈美の新作がご覧いただけます。よい香りと、発酵菌など微細な生物をモチーフとした緻密な紙の技巧に思わずうっとり。美味しい地酒のお土産も忘れずに。
10分
16:10 竜ヶ窪で水族館と温泉を。
加治聖哉「廃材水族館:竜ヶ窪」
新たな命を吹き込まれた廃材のイワシやカニ、サメが竜ヶ窪温泉のゲートボール場に現れます。さらに1日の締めに、竜ヶ窪温泉につかってリフレッシュ。大地の芸術祭作品鑑賞パスポートの提示で入浴料が100円引きになります。
50分
18:30 越後湯沢駅到着、レンタカーを返す、買い物、夕食
19:02 越後湯沢駅出発
約1時間
上越新幹線
20:12 東京駅に到着

開催概要

日程 7/30-9/4(火水以外)
始点/終点 東京(越後湯沢経由)/東京(越後湯沢経由)
交通手段 電車、車
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。