松代エリア&MonET【電車・サイクリングコース】

車を運転できないけど、越後妻有を楽しみたい!と、思っている方におすすめのレンタサイクル。まつだい「農舞台」フィールドミュージアムを自転車でまわり、さらに越後妻有里山現代美術館MonETもご覧いただける、イチオシのコースをご紹介いたします。

作品情報と地図

9:50 まつだい駅発 
自転車 10分
農舞台にてセット券を購入、レンタサイクルを借りる
10:10 里山の図書館をめざして
パスカル・マルティン・タイユー「リバース・シティー」、田中信太郎「○△□の塔と赤とんぼ」、トビアス・レーベルガー「フィヒテ(唐檜)」 ほか
まつだい「農舞台」裏につづく城山を登り始めると、「リバース・シティー」や「○△□の塔と赤とんぼ」など、多くの野外作品がご覧いただけます。登り始めて少し経つと、大自然のなかに図書館が出現!

ドイツ哲学者と木の名を掛け合わせたタイトルの本作「フィヒテ(唐檜)」。ドイツ文学が所蔵され、森の中で読書ができる不思議な空間をもつ図書館です。
自転車 10分
10:30 城山の頂上にてアートと自然を満喫
松代城が新たな空間が出現⁉
まつだい「農舞台」の裏に続く城山を登りきると、松代城にたどりつきます。7月22日以降、3組の作家が松代城の各階にて、異なる空間を作り出します。※火水定休
自転車 5分
11:00 見落としがちな作品も、お忘れなく!
イリヤ&エミリヤ・カバコフ「人生のアーチ」、チャン・ユンホ(張永和)+非常建築「米の家」、CLIP「遊歩道整備計画」、関根哲男「帰ってきた赤ふん少年」 ほか
松代城からのお帰りは、行きと異なる道から。城山に点在している作品に寄り道して、アートと自然をお楽しみください。
自転車 10分
農舞台にてレンタサイクルを返却
11:20 越後まつだい里山食堂にてランチタイム!
里山ビュッフェ
土日祝日限定の人気メニュー「里山ビュッフェ」が、期間限定(7月22日~8月30日)で平日もご用意させていただきます。米澤文雄シェフ監修の新メニューも加わり、グレードアップ!※火水定休
12:30 「カバコフの夢」をみる
まつだい「農舞台」、周辺野外作品
ビュッフェでおなかいっぱいになったら、まつだい「農舞台」周辺を散策。「農舞台」館内では、「カバコフの夢」と題するイリヤ&エミリア・カバコフ作品群のうち、新作4点が公開されます。野外作品「棚田」もお見逃しなく!※火水定休
自転車 5分
13:49 まつだい駅 レンタサイクル返却/ほくほく線六日町行に乗車
9分
13:58 十日町駅にて下車
10分
14:15 新しくなった現代美術の拠点へ
越後妻有里山現代美術館 MonETモネ
越後妻有里山現代美術館は、作品の入れ替えと展示スペースを拡大し、7月22日にリニューアルオープン!名和晃平や“目”などの豪華な現代美術作家が集結。ミュージアムショップも多彩な商品を取りそろえておりますので、ぜひお立ち寄りください。※水曜定休
15:10 コミュニティスペースで小休憩
【期間限定】ドリンク&TSUMARI BURGER
越後妻有里山現代美術館1F回廊で、ひと休み。期間限定で自家製のレモネードやスイカソーダをご提供いたします。妻有ポークとふきのとうを使用したハンバーガーもございます。※水曜定休
15:40 汗を流したら、シメの温泉
明石の湯
1日の終わりは温泉で!自転車で汗ばんだ身体を流してスッキリしましょう。越後妻有里山現代美術館1F回廊に入り口がございます。※水曜定休
10分
17:30 十日町駅着

開催概要

日程 7月22日∼10月下旬
始点/終点 まつだい駅 / 十日町駅
交通手段 電車、自転車
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。