【7/23-8/30】2020夏プログラムモデルコース

この夏は各施設の企画展や野外アートをおもいっきり楽しもう。水でじゃぶじゃぶあそべる「水あそび博覧会」や、アーティストがつくる怪しげな空間でテイクアウトランチを楽しめる「里山フードコート」、スタンプラリーなど、楽しい企画をご用意しています。

作品情報と地図

10:00 「空の池」で水あそびした後はフローズンアイスやモグランチを
キナーレ「水あそび博覧会」
建物中央の池を利用した作品「Palimpsest:空の池」を会場にし、オリジナルSUP体験や、流れる水に手作りの船を流す体験型アート作品、週末にはフローズンアイス販売など、夏を満喫できるプログラムが盛りだくさん。2階の「越後しなのがわバル」では作品に関連したメニュー「モグランチ」(数量限定)もご提供中です。
20分
11:20 まつだい「農舞台」(昼食も可)
農舞台「里山フードコート」「里山BBQ」
農舞台に、ソーシャルディスタンス十分で安心、そして抜群に面白いフードコートが出現。人気の「越後まつだい里山食堂」の新作ランチに加えて、アーティスト豊福亮がつくる怪しい路地裏感漂うテイクアウト用フードコート、日にち限定の屋外「里山BBQ」など、お好みの食事を選んで楽しめます。
5ー10分
13:00 スタンプラリー付き野外アート巡り①
「人生のアーチ」「帰ってきた赤ふん少年」「イナゴハビタンボ」など
農舞台周辺、および絵本と木の美の美術館に向かう途中には、たくさんの野外アート作品が出没します。そのうち「人生のアーチ」「帰ってきた赤ふん少年」「イナゴハビタンボ」はスタンプラリー対象作品でもあるので、ぜひスタンプを集めて豪華賞品を貰いましょう。
15分
13:30 絵本と木の実の美術館 見学(昼食も可)
鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館「自由でOK!!」/「風の奏でる竹の音」展
1F校舎棟が猫ねこネコ...だらけ! 作家・松本倫子が緻密な模様と明晰な色使いで描く愛猫「ほっぺ」と、不思議美術家の松本秋則が手掛ける竹と音のインスタレーションを同時に楽しめるスペシャルな企画展がスタートします。館内のHachi Caféでは、コーヒーやデザート、野菜どっさりカレーやお子様用のカレーもご用意。
10分
15:00 スタンプラリー付き野外アート巡り②
ジミー・リャオ「Kiss & Goodbye」
台湾の人気絵本作家、ジミー・リャオによる作品。雪国に特徴的なかまぼこ型倉庫に絵本の世界が広がります。JR飯山線の土市駅、越後水沢駅の2か所にあります。(内部に入れるのは10:00-16:00)
15分
15:30 スタンプラリー付き野外アート③
国松希根太「記憶の痕跡と明日の杜」
2018年の作品。千手神社では、1997年まで豊作や無病息災を祈念した奉納相撲が行われていました。作家は当時の光景を写した写真に想を得て、静謐な空間にかつてのにぎわいを浮かび上がらせます。観客を思わせる川石は、地元住民との協働で選択・設置されました。
10分
16:00 スタンプラリー付き野外アート巡り④
藤原吉志子「レイチェル・カーソンに捧ぐ 〜 4つの小さな物語」
ナカゴグリーンパークに佇む神殿、鳥男、ロバ、ウサギ。4 つの物語を表す登場人物たちは、ユーモアとともに痛烈な社会批判をはらんでいます。R・カーソンの『沈黙の春』以来、人間は何を学んだのかと問いかける作品です。

開催概要

日程 7月23日(木祝)~8月30日(日)
料金 全作品をお得に楽しめる夏の共通パスポートがオススメ
一般2500円(税込)
小中1000円(税込)
始点/終点 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]/ナカゴグリーンパーク
交通手段
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。