【8/8-16限定】2020夏プログラムモデルコース

8月8日(土)~16日(日)のコア期間は、普段はなかなか見ることのできない作品が特別オープン! 本モデルコースでは、この期間だけオープンしている作品を中心に巡ります。ベリージャムづくりも時間があればぜひご参加を。

作品情報と地図

10:00 窓から越後妻有の魅力を再発見
内海昭子「たくさんの失われた窓のために」
中里エリアにある人気作品。窓から見える風景を通して、外に広がる妻有の風景をもう一度発見する、大地の芸術祭らしい作品です。スタンプラリー対象作品。
10分
10:30 小学校をまるごと使った倉庫美術館
磯辺行久記念 越後妻有清津倉庫美術館[SoKo]
2009 年に廃校になった清津峡小学校。体育館を大型の作品保管庫とギャラリーを兼ねた倉庫美術館としてリニューアル。アーティスト磯辺行久の作品を常設展で楽しむことができます。
20分
11:30 最後の教室へ
クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」
写真や洋服などを使って人間の不在を表現してきたクリスチャン・ボルタンスキーの名作。廃校になった小学校をまるごと使い、かつてそこにいた子どもたちや教師たちの冬の姿を感じさせる作品です。2階では2018年の同作家の作品「影の劇場 〜愉快なゆうれい達〜」もご覧いただけます。
10分
12:10 何十人もの作家が出品したグループ展
ギャラリー湯山「増殖と破滅のはざまで—パンデミックに己をどう刻印するか―」展
未曽有の新型コロナウイルス禍にあって、表現者として自立的・主体的に生きる証として多種・多様な表現に挑戦。現状況下ならではの「自己」と「今」を発信します。
15分
12:40 怪しげな路地裏感漂うフードコート(昼食可)
農舞台「里山フードコート」「里山BBQ」
農舞台に、ソーシャルディスタンス十分で安心、そして抜群に面白いフードコートが出現。人気の「越後まつだい里山食堂」の新作ランチに加えて、アーティスト豊福亮がつくる怪しい路地裏感漂うテイクアウト用フードコート、日にち限定の屋外「里山BBQ」など、お好みの食事を選んで楽しめます。
15分
14:00 奴奈川キャンパス企画展
奴奈川キャンパス「中国ハウスプロジェクト『夏の風』」
校庭を走るトロッコや、各教室の展示を公開。中国の作家たちの作品を新展開します。
30分
15:00 ベリーのジャムづくりも(~16:00)
ベリー・スプーン/ベリーのアイス&ジュース販売、ジャムづくりのワークショップ
作品「ベリー・スプーン」では、ベリーのアイス&ジュース販売、ジャムづくりのワークショップを開催します。

開催概要

日程 8月8日(土)~8月16日(日)
料金 全作品をお得に楽しめる夏の共通パスポートがオススメ
一般2500円(税込)
小中1000円(税込)
交通手段
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。