11月の王道モデルコース

11月以降も開館している施設を巡る王道コースをご案内。雪囲いがされていなければ野外作品もまだまだご覧いただけます。

作品情報と地図

10:00 スタートは大地の芸術祭の拠点地から!
越後妻有里山現代美術館 MonET
今年の夏にリニューアルオープンした越後妻有里山現代美術館 MonET。名和晃平や“目”などの豪華な現代作家が集結しました。ミュージアムショップや喫茶”サロンMonET”もございますので、ぜひお立ち寄りください。

※水曜定休
20分
11:30 空間絵本の世界へ
鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館
『ちからたろう』などの名作絵本を手掛けた田島征三により、小学校が丸ごと絵本になった美術館。なつかしい木造の校舎内に、流木を使ったオブジェが飾られています。廊下を進んで教室を覗くと、実在する最後の生徒3人が主人公の心温まる物語が表現された「空間絵本」を体感できます。現在はヤギの親子を迎え、「空間絵本」の世界が校庭にまで広がっています。

※火水定休
15分
12:40 里山全体を使ったフィールドミュージアムを満喫
まつだい「農舞台」、越後まつだい里山食堂
「農舞台」についたら、まずはランチタイム。館内にある越後まつだい里山食堂にて、秋の味覚をお楽しみください。ランチの後は、今年7月にリニューアルした「農舞台」館内作品をご鑑賞ください。

※火水定休
※里山ビュッフェの提供は土日祝日のみとなり、平日は日替わりごはんとなります。
城山∼松代城
まつだい「農舞台」裏につづく城山を登り始めると、多くの野外作品をお楽しみいただけます。城山を登りきると現れる松代城。作品と秋の絶景をご堪能ください。

※松代城チケットは農舞台2F受付にてご購入ください。土日祝は自車でも松代城パーキングまでお越しいただけますが、平日は農舞台発のシャトルバスのみとなります。(徒歩可)
40分
16:00 アートが織りなす渓谷美、清津峡渓谷トンネル
「Tunnel of Light」マ・ヤンソン/MADアーキテクツ
2018年にアート作品化された清津峡渓谷トンネル。エントランス施設と長さ750mのトンネル全体がアート作品となっています。最奥のパノラマステーションにて、渓谷の美しさをトンネル内に映しこむ作品をご堪能ください。

※10月23日∼11月7日まで事前予約制となります。

開催概要

日程 11月初旬∼11月末
始点/終点 越後妻有里山現代美術館 MonET / 清津峡渓谷トンネル
交通手段
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。