夏の新作をメインに巡る、十日町・川西コース【7/30~9/4(火水以外)】

6つのエリアからなる越後妻有地域。最も広い十日町エリアと川西エリアでは、7/30~公開の新作が盛りだくさん。とにかく作品を多く見たい方向けのモデルコースです。

詳細をみる

7:48 東京駅出発
約1時間
上越新幹線
9:07 越後湯沢駅到着、レンタカー屋へ。
案内所にて健康チェック @広域観光情報センター
案内所にて健康チェックを行い、その日の日付が入ったリストバンドのご着用いただいたうえで作品鑑賞が可能となります。リストバンドを着けたら、レンタカーを借りていざ出発。
50分
10:00 小さなライトボックスによるインスタレ―ション作品
栗真由実「ビルズクラウド」
越後妻有地域の建物を模した、小さなライトボックスによるインスタレ―ション作品。十日町市の吉田地区をめぐりながら撮影した家屋ひとつひとつが、小さな立体物として再現されている。作品から仄かにこぼれる温かな明かりを通して、吉田地区に確かに存在している生活の息づきと記憶とが、暗闇の中に浮かび上がります。
20分
10:40 新座と新しい座椅子という2人の登場人物の物語
中﨑透「新しい座椅子で過ごす日々にむけてのいくつかの覚書(仮)」
かつて絹織物業で栄えた新座地区。当時の工場は、今や跡地となったが、培われた技術は、現在でも十日町に残されている。新座に暮らす人々との対話を積み重ね、物語を解き明かしながら、新たな作品が生まれました。
5分
11:05 日本一停めづらい駐車場
R&Sie建築事務所「アスファルト・スポット」
信濃川の河川敷で街道と接する場所にトイレと小さな展示スペースが造られ、その屋根は駐車場になり、日本一停めづらい駐車場として話題に!
5分
11:20 水の波紋を形にしたインスタレーション
小松宏誠「あめのうた」
雨はとても面白く美しい現象だと感じている作家が、雨の日に小さな水たまりを眺めていたことから誕生した作品。空中に大量の水が浮かび、長い時を経て地上に降り注ぐまで、壮大な旅を経て生まれた雨を、プラスチックで制作された小さいオブジェで表現。
20分
12:00 お母さんたちのとっておきのランチを
うぶすなの家
日本を代表する陶芸家の作品が揃った「やきもの」の民家にて、お母さんたちが腕を振るった料理でおもてなし。「お母さんが作る季節の小鉢と妻有ポークの煮豚&車麩の山菜だれ 」のランチの他 夏限定 「ばあばの味噌キーマカレー」も登場します。
布施知子「うぶすなの白」
築100年を超える藁葺き民家の2階に、折られた白い紙が雪山のように厳然と連なります。新潟出身の世界一の折り紙作家の作品。
15分
13:20 遠くの風景と仁田の暮らしや歴史を融合
長谷川仁「あの山この山」
仁田から望む越後三山の雄大な景色は地域の人々の自慢であり、季節毎に変化する田んぼの風景と同様に山の色彩も移り変わる。その山へ仁田の人々と一緒に登り、山肌の「型」を取って祭りの際に巡行する「山車」を製作するプロジェクト。
3分
13:45 かつてそこにあったはずの段丘面を再現
岩城和哉+東京電機大学岩城研究室「大地を縫う」
窪地上空に、段丘平坦部の地表面と連続するように水平に糸(ワイヤー)を張り、かつてそこにあったはずの段丘面を再現。上空から見るとそれは段丘の亀裂の縫い目のように見えます。
5分
14:05 広大な広場に様々などうぶつ達が登場
「里山アートどうぶつ園ーどうぶつたちのソーシャルディスタンス」
若手作家約25名による動物彫刻の競作が、広い芝生の上で展開されます。里山の動物たちの姿を様々なかたちで表現した30点の作品をお楽しみください!作品によっては動物に乗ってみることもできます。
15分
14:50 力五山の新作!
力五山ー加藤力・渡辺五大・山崎真一「高倉写楽 -還るところ-」
住民の方に選んでもらった好きな色をもとにのぼりをデザインし、参道の両サイドに厄除けの効力があるとされる赤を基調とした映画看板風のパネルを高倉十二社神社に設置。神社の本堂に行く手前に赤い鳥居がいくつかあり、その鳥居の上部には、高倉や住民にまつわる作品、画像をプリントして暖簾のような形状のものを取り付け、本堂の中では映像作品を上映します。
10分
15:25 『自分が住みたい街』がテーマ
丹治嘉彦+橋本学「小脇プロジェクト」
住宅廃材等を材料とした『自分が住みたい街』をテーマとした模型を、約400人の子どもたちにワークショップで作成し、それを集積して作品化しました。子どもたちに表現の楽しさとともに、個人の作品が多数集まることで得られるダイナミズムを感じられます。
25分
16:05 見どころ満載の拠点施設
越後妻有里山現代美術館MonET
待望の中谷芙二子の新作「霧神楽」をはじめ、その他特別企画展や、大地の芸術祭ショップもご覧いただけます。越後妻有里山現代美術館MonET1Fコミュニティスペースでは米澤シェフ監修の「TSUMARI BURGER」(※L.O. 15:30)や「妻有アイス」も販売中です!
淺井裕介「physis」
越後妻有里山現代美術館MonETの高さ10m、横幅70mもの壁面に壁画が登場。
正面には全貌を見渡せるお立ち台もあります。
45分
17:45 越後湯沢駅到着、レンタカーを返す、買い物、夕食
19:02 越後湯沢駅出発
約1時間
上越新幹線
20:12 東京駅に到着

開催概要

日程 7/30~9/4(土日祝)
始点/終点 東京(越後湯沢経由)/東京(越後湯沢経由)
交通手段
個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。