平日もOK! 十日町~松代コース(月木金/土日祝)

旧作も新作も楽しめる、「越後妻有 大地の芸術祭 2022」日帰りモデルコースをご紹介。ぜひ旅の参考にしてみてください。

詳細をみる

7:48 東京駅出発
約1時間
上越新幹線
9:07 越後湯沢駅到着、まずは検温&レンタカー屋へ
案内所にて健康チェック @広域観光情報センター
案内所にて健康チェックを行い、その日の日付が入ったリストバンドのご着用いただいたうえで作品鑑賞が可能となります。リストバンドを着けたら、レンタカーを借りていざ出発。(※各作品でも検温可能)
45分
10:10 美しい鉢集落の石仏の周りに静かに佇む名作
ブルーノ・マトン「6つの徳の物語」
自然が言葉を話せたらどんなメッセージを人間に送るだろう、という問いから発した6つの形と詩。この数は妻有の6エリアを表します。
5分
10:30 廃校が舞台となった空間絵本美術館
鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館(Hachi Cafe含む)
鉢集落を舞台に、アーティスト・田島征三が豊かな里山に展開する壮大なアート空間をお楽しみください。やぎのしずかも子やぎと一緒に待っています。小腹が空いたら1Fのカフェでスイーツ&ドリンクをお楽しみください。
5分
10:55 古民家を彩るライトボックスのインスタレーション
栗真由美「ビルズクラウド」
越後妻有地域の建物を模した、小さなライトボックスによるインスタレ―ション作品。十日町市の吉田地区をめぐりながら撮影した家屋ひとつひとつが、小さな立体物として再現されています。仄かにこぼれる温かな明かりを通して、吉田地区に確かに存在している生活の息づきと記憶とが、暗闇の中に浮かび上がります。
15分
11:25 季節を感じさせる作家の姿(敷地内の「松芋そば」でランチもOK)
トーマス・エラー「人 自然に再び入る」/塩澤宏信「イナゴハビタンボ」ほか
名店「松苧そば」の敷地からご覧いただけるのは、作家自身の顔と手足の写真が焼き付けられた高さ4mの人型。人型の板と柱は漢字の「人」の形を成し、地域に住む人が増える願いを込めた。時とともに蔦が絡まり自然に還る。周辺の田んぼの中に登場するのは大きなイナゴ。滑り台にもなっていて遊ぶことができる。また道を挟んだ向かいには小屋のようなバス停が。こちらも作品「ミルタウン・バスストップ」。
10分
11:45 地元に愛される野外彫刻
関根哲男「帰ってきた赤ふん少年」
木彫をバーナーで焼くことで、健康的に日焼けした少年表現。集落のお父さんたちがかつて少年だった時代、後ろを流れる渋海川で赤いふんどしで泳ぐ姿が風物詩でした。それを表現したのが本作品です。2006年に制作し、2009年に再設置された「帰ってきた」赤ふん少年たち。大きな「赤ふん大将」も登場し、集落のシンボルに。冬になるとふんどし一丁では可哀そうだと、集落のみなさんが自分たちの古着を着せてくれます。
1分
11:50 まつだいの拠点施設
まつだい「農舞台」
イリヤ&エミリア・カバコフの新作を中心に常設展を展開する農とアートの拠点施設。建物や部屋自体がアート作品となっています。屋外には大型作品や田畑があり、大自然や地域の暮らしを間近に感じながらアートを楽しむことができます。
越後まつだい「里山食堂」(ジャン=リュック・ヴィルムート「カフェ・ルフレ」)
越後妻有の生きた自然が育む新鮮な野菜をたっぷり使って、郷土の味にアレンジを加えたメニューをご用意。アート作品でもある不思議な空間で、越後妻有の滋味豊かな味わいを、目の前に広がる棚田の風景と里山を眺めながらお楽しみください。
20分
14:00 古民家全体が彫られた2006年の名作(宿泊も可)
鞍掛純一+日本大学藝術学部彫刻コース有志「脱皮する家」
時間の流れや時代の移り変わりによって、抜け殻になってしまった家。家全体を彫ることで、内側に内包された空間を広げ、空家をアートとして脱皮・再生させた作品。企画から完成までは2年半かかり、作家たちは160日以上妻有に滞在したといいます。「200年もの間、建ち続けた家がなくなろうとしていた。変わり続ける都会に住みながら、変わらない場所に感謝したい。脱皮する家は新たな時を刻みだし、彫り手も脱皮したに違いない。」(鞍掛純一)
5分
14:30 『にほんの里100選』の棚田(観光スポット)
越後松代棚田群 星峠の棚田
大小様々な水田約200枚がまるで魚の鱗のように斜面に広がり、 四季折々・朝昼晩と様々な顔を見せてくれる星峠の棚田は、十日町市に点在する棚田の中でも最も人気がある棚田スポットです。 雲海が発生し、水鏡が輝くベストシーズンには、その美しい風景を眺めようと全国各地から多くのカメラマンや観光客がこの地を訪れています。2022年には農水省「つなぐ棚田遺産」に認定されました。(十日町市観光協会HPより)
15分
15:00 ぶなが池植物公園の美しい作品
保科豊巳「ぶなが池植物公園『マザーツリー空中庭園』」
中央の作品は、「記憶を見るための階段、または、地面に向かって時間の中を昇って行く私」と題され、6mの空中に持ち上げられた2本の神木のような木、そしてそこに登ってゆくための長い階段、神社を作るときの生成の身体感覚の物語がそこにあります。公園の四方には、蒲生地区の土地とこの現場との様々な縁(方位と私の出会いによって生まれた寓話、東—藤の花、西—爪、南—南からの鳥、北—隕石)によって、4つがインスタレーションされています。
10分
15:20 廃村になった集落の気配を感じる
消えた集落 閉村の碑からよみとるもうひとつの理由
十日町市にかつてあった小貫(こつなぎ)という集落がありました。旧松代町小貫と旧十日町の中条・飛渡の小貫の「2つの小貫集落」が閉村に至った経緯などを考える作品です。「小貫(こつなぎ)」という地名には、大道と小道、集落と集落を繋ぐ交通路の要や峠から降りた地点という意味があり、交通の一服休みの場所に立地した集落と考えられます。
70分
17:00頃 越後湯沢駅到着 or 十日町市/津南町周辺で日帰り温泉や宿泊も可
約1時間
上越新幹線
19:52 東京駅に到着

開催概要

日程 9/5-11/13の月木金/土日祝
始点/終点 東京(越後湯沢経由)/東京(越後湯沢経由)
交通手段 電車、車
備考

東京から直接お車でお越しの場合もご参照いただけます。

「平日のOK!十日町~松代コース(月木金/土日祝)」のPDFダウンロードはこちら

個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。