「FC越後妻有」とは

「FC越後妻有」は、女子サッカー選手が棚田の担い手として移住・就農し、プレーする農業実業団チーム。大地の芸術祭から派生した本プロジェクトは、プロとしてサッカーをしながら、里山で暮らすライフスタイルの提案であり、過疎高齢化で担い手不足の棚田を「まつだい棚田バンク」を通して維持する、日本全国見渡しても類を見ない、先駆け的なプロジェクトです。 近い将来でのなでしこリーグ参入を目指します。
≫北川フラムのコラム


▼活動の様子

   
≫奴奈川キャンパス公式Facebook


▼FC越後妻有 オフィシャルユニフォーム販売

<コンセプト>
HOMEの白は雪とお米を、AWAYの深緑は自然豊かな里山を、添えられた稲の葉は選手を支えるサポーターを表し、胸に輝く11の稲穂は、ピッチで輝くFC越後妻有の選手たちをイメージして、グラフィックデザイナー・佐藤卓率いる㈱TSDOがデザインがしてくれました。 選手も着用しているこのユニフォームを着て、FC越後妻有を応援しましょう!!
<Size>
S・M・L・XO
<Price>
¥10,000(TAX、送料込)
※販売はホームユニフォームのみとなります。

■ご注文方法
「Echigo-Tsumari Online Shop」よりご注文下さい。
※支払い方法、出荷日数などはオンラインショップの規約に準じます

■お問い合わせ
.(JavaScript must be enabled to view this email address)

大地の芸術祭の里とは

大地の芸術祭の里とは