トップ  >   概要  >   大地の芸術祭とは  >   コンセプト

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」とは

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭です。農業を通して大地とかかわってきた「里山」の暮らしが今も豊かに残っている地域で、「人間は自然に内包される」を基本理念としたアートを道しるべに里山を巡る新しい旅は、アートによる地域づくりの先進事例として、国内外から注目を集めています。


▼コンセプトと作品群

1.人間は自然に内包される

越後妻有は、縄文期からの豪雪や河岸段丘といった厳しい条件のなかで、米づくりをしてきた土地です。人々は、切り離すことができない人間と自然の関わり方を探りながら、濃密な集落を営んできました。そこから「人間は自然に内包される」という基本理念が生まれ、すべてのプログラムに貫かれています。人間と自然がどう関わっていくか――。その可能性を示すモデルになろうと、越後妻有の地域づくりは進められています。



2.アートを道しるべに里山を巡る旅

大地の芸術祭では、およそ200の集落を手がかりに作品を散在させ、現代の合理化・効率化の対極として徹底的な非効率化を試みています。世界のアーティストが手がけた約200の常設作品に加え、会期中には新作を公開します。里山の美しさ豊かさを際立たせ、そこに積層した人間の時間を浮きあがらせるアートを道しるべに、人々は五感を開放し、生の素晴らしさや記憶を全身に蘇らせるのです。



3.世代、地域、ジャンルを超えた協働

アーティストは他者の土地にものをつくらねばならず、地域とのコミュニケーションが欠かせません。やがてアーティストの熱意が伝わり、住民は協働者として作品に関わり始めました。また、都会から多くの若者がボランティアに参加し、「過疎地の・農業をやってきた・お年寄り」と「都市で・何をやっているかわからない・学生」との出会いは、衝突・困惑から理解・協働へと変化していきました。



4.あるものを活かし、新しい価値をつくる

大地の芸術祭の代名詞ともいえる、空家・廃校プロジェクト。越後妻有に残る膨大な空家を作品として再生し、地域の記憶や知恵を継承しようと、100件ものプロジェクトが行われてきました。かつては地域を結ぶ場であった廃校にも、たくさんの作品が展示され、学校は再び集落のキーステーションとなりました。これらはアートという枠を超え、コミュニティの一部となって活用され続けています。



5.ユニークな拠点施設

豪雪、集落、棚田、マブ、縄文土器、近代的土木構造物…。これら越後妻有の要素を凝縮した施設が、世界的建築家やアーティストの手でつくられ、集落をつないでいます。それは越後妻有の縮図であり、その特殊性や魅力を存分に感じることができます。公共事業としての作品制作も進められ、トイレや宿泊施設などのアートプロジェクト化により、体感できる恒久作品が数多く生まれました。



6.生活芸術

人間がつくってきたものはすべて「美術」であり、その原初的な部分が「生活芸術」です。なかでも重要な要素となるのが「食」です。大地の芸術祭では、文化・芸術の最も初歩的で基本的な現れは「食」であるという理念に基づき、力を注いでいます。「食」は、地元の人たちが芸術祭の主人公となれる、大切な要素なのです。



7.グローバル/ローカル

越後妻有には、アジアから嫁いだ女性たちがいます。過疎・高齢化の進む里山と世界をつなぐ場所が、この地域にはあるのです。そこに海外アーティストが入ることで、新しい交流が生まれ、さらに世界中の文化芸術機関が参加し、国境を越えた協働がなされています。集落を通じて世界とつながる。このヒューマンスケールによるつながりで、地球を包むことこそがあらゆることへの可能性なのです。



▼関連図書

『美術は地域を開く 大地の芸術祭10の思想(北川フラム著)』

大地の芸術祭プロモーションビデオ

(映像制作:今井善昭)