空洞説-木の舟2009

作品一覧へ戻る

作品について

1970年代から焼成した木、水、土、金などを用い、「円環」「空洞性」 などを造形の核とした彫刻作品を発表する作家。10m ほどの巨大な木 をくり貫き、空洞にして彫刻し、さらに燃やして炭化させた本作は、 荒々しくも繊細でやわらかい表情が木肌に生まれている。彫刻(創作) し、それを空洞化させ、燃やす、という一連の行為と痕跡をすべて残 した作品は、人間の営み、生命のエネルギーと衝動の痕跡を示したも のでもある。

素材=木

アーティスト

遠藤利克

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在非公開

  • 作品番号

    N076

  • 制作年

    2015

  • エリア

    中里

  • 集落

    角間

作品所属エリア