シルクの水脈

作品一覧へ戻る

作品について

十日町は、シルクの産地としての歴史を持つ。その地名の由来が示すとおり人々の交流の拠点として、平安時代にはすでに街としての形態を成していたらしい。中国大陸から日本に養蚕の技術が伝えられたのは紀元前2世紀。越後妻有に定着した時期は定かではないが8世紀には、東大寺にシルクが献納されたという記録が残っている。信濃川流域の安山岩を円環状に配置する。毎冬の平均3メートルに及ぶ積雪の中から、早春の雪解けと共に最も背の高い石から順々に頭を出す。ひとつずつゆっくりと数が増えていくリズムは、越後妻有が持つゆったりとした歴史の流れを表現する。

アーティスト

郷晃

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在公開中

  • 作品番号

    T027

  • 制作年

    2003

  • エリア

    十日町

  • 集落

    キナーレ

  • マップコード

    140181290*25

  • 作品の公開期間

    4月下旬(雪融け後、順次公開)~11月中旬

  • 住所または詳しい場所

    新潟県十日町市本町6(キナーレ敷地内)

  • Googleマップで見る  >

作品所属エリア