掃天帯土(そうてんたいち)−天水越の塔−

作品一覧へ戻る

作品について

高さ8メートル、幅1.6メートルの8角形の鉄でできた高い塔の中に、地元の土を混ぜた陶の作品を組み込んだ。塔に入れた小さなやきものは、ワークショップで地域の人びと約50人につくってもらったものと作家自身がつくったものが混在している。ワークショップでは「大地の形」をテーマにして思いおもいのかたちの陶作品を制作してもらった。作品の周辺には集落の人びとが花を植え、まわりと一体になったランドマークが完成した。

アーティスト

山本健史

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

アクセスの集中状況によってはマップ表示が困難な場合があります

現在公開中

  • 作品番号

    Y068

  • 制作年

    2009

  • 料金

    芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください

  • エリア

    松之山

  • 集落

    天水越

  • マップコード

    790760801*66

  • 作品の公開期間

    4月下旬(雪どけ後順次公開)~11月初旬

  • 住所または詳しい場所

    十日町市松之山天水越 大厳寺高原

  • Googleマップで見る  >

作品所属エリア