アート・フラグメント・コレクション

作品一覧へ戻る

作品について

芸術祭における作品の生成から消失にいたるプロセスで派生するフラグメント(断片)を「アート・フラグメント」と位置づけ、作品の保管・保存について考察するアートの廃品回収プロジェクト。旧清水小学校の3階から2階にかけてインスタレーションを展開し、フラグメントの一部は作品記録とともにエディション化されビジターは併設するカフェで購入できる。ここでは、美術評論家・中原佑介の遺した蔵書約3万冊を保管。その他、越後妻有で保管する、デザイナー・粟津潔、棟梁・田中文男、編集者・入澤美時らの蔵書とあわせ、公開の準備を進めている。
[カフェ営業時間] 11:00~16:00
*Café Fragment
「アート・フラグメント」に囲まれた空間でスペシャルティコーヒーが楽しめる。食に関する多彩なイベントも開催予定。テイクアウトメニューあり。

アーティスト

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

アクセスの集中状況によってはマップ表示が困難な場合があります

現在非公開

  • 作品番号

    D347

  • 制作年

    2018

  • 時間

    10:00-17:30

  • 料金

    個別鑑賞料500円
    芸術祭会期中パスポート提示無料

  • 休館

    会期中無休

  • エリア

    松代

  • 集落

    清水

  • マップコード

    253870056*64

作品所属エリア

この記事に関連するイベント