帰ってきた赤ふん少年

作品一覧へ戻る

作品について

渋海川沿いに並ぶ、40人の赤ふん少年。2006年に同じ場所に展開した作品が、集落の要望に応えて「帰ってきた」。木彫をバーナーで焼くことで、健康的に日焼けした少年に。かつて渋海川の水は澄んでいて滝つぼもあり、小荒戸集落の男性は、少年時代に赤ふん姿で渋海川を泳いだ記憶がある。今回は、自然木によるひときわ大きな「赤ふん大将」が登場し、集落のシンボルとなった。手ぬぐいを巻いた姿もユーモラスだ。

アーティスト

関根哲男

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在公開中

  • 作品番号

    D194

  • 制作年

    2009

  • エリア

    松代

  • 集落

    小荒戸

作品所属エリア