hōjō_10x10 feet_shift

作品一覧へ戻る

作品について

「方丈記」は、中世日本 を生きた歌人で世捨て人、鴨長明が1212年に記した随筆集。長明は、地震や火災、食糧飢饉といった度重なる災害の最中に、10フィート(約3m)四方のいわゆる「方丈」の「観察のための」庵室に住むことを選び、そこから25年間にわたり、世の中を観察し、考察し、記録した。この「hōjō_10x10feet_shift, 2018」は、庵室を作る基本型が動く光となり、10フィート四方に投影されるビデオインスタレーションで、この場をグローバル化時代の実時間に置き換え再現している。

アーティスト

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

アクセスの集中状況によってはマップ表示が困難な場合があります

公開終了

  • 作品番号

    T376

  • 制作年

    2018

  • エリア

    十日町

  • 集落

    キナーレ

  • マップコード

    140181258*11

  • 住所または詳しい場所

    越後妻有里山現代美術館[キナーレ](新潟県十日町市本町6)内

  • Googleマップで見る  >

作品所属エリア