かささぎたちの家

作品一覧へ戻る

作品について

20世紀は巨大な消費主義とそれにともなう環境問題を生みだした。消費主義社会に対してこの作品は土、砂、火、木を基本材料とした陶の家。作家がこの地で感銘を受けた景色の数々と「森羅万象、還地本處」の物語が描きこまれた家はすっぽり窯で覆われ、家ごと約1ヶ月焼かれて完成した。作家は韓国のスタッフとともに半年間以上地域で制作をつづけ、正月を住民とともに過ごし、多くの交流と協働を生んだ。集落に、数少ない子どもたちのための公園が欲しいという住民の要望に、作家が応えた。作家とスタッフの懸命な姿に、住民が応えた。かささぎとは、韓国では幸せを呼ぶ鳥と言われている。(*)

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在非公開

  • 作品番号

    M011

  • 制作年

    2003

  • エリア

    津南

  • 集落

    上野

  • マップコード

    790614885*21

  • 作品の公開期間

    4月下旬(雪どけ後順次公開)~10月末

  • 住所または詳しい場所

    新潟県中魚沼郡津南町上郷上田の近く(※看板案内アリ)

  • その他の情報

    外観のみ見学可

  • Googleマップで見る  >

作品所属エリア