作品について

この装置は、日が落ちると照明が灯って姿を現し、2つの浴室と温泉の休憩室に面した帯状の高い窓に生命を与える。3つのモチーフが断続的に点滅し、自然のプロセスにおける「水」の循環の3つの様相—落ちる水(雨、白い筋をひいて流れ落ちる滝)、たまった水(青く広がるきらきら光る水面)、蒸発する水(蒸気、空中に立ちあがる霧、霞、靄など空気中に屹立するもの)—を象徴する。このようにして水循環の完全なサイクルが情景的に表象されるが、空の形象が欠けているので主要な形象は歪められている。

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在公開中

  • 作品番号

    T029

  • 制作年

    2003

  • エリア

    十日町

  • 集落

    キナーレ

  • 作品の公開期間

    通年

  • 住所または詳しい場所

    越後妻有里山現代美術館[キナーレ](新潟県十日町市本町6)内

  • Googleマップで見る  >

作品所属エリア