まつだい郷土資料館

作品一覧へ戻る

作品について

築約140年のけやき造りの民家を利用した郷土資料館です。豪雪地帯特有の重厚な建物で、松代の暮らしに密着した民具や資料を展示しています。 江戸時代末期に建てられた、けやき造りの母屋(木造2階建)は、約10mもの大黒柱と梁で支えられています。豪雪にも耐えうる重厚な造りで、囲炉裏や座敷、茶の間、客間などが当時のまま残っています。 国の重要文化財「松苧神社」の資料や、「にほんの里100選」に選ばれた棚田の映像、雪国の生活用具などを展示しています。このほか、住民から寄贈された約2,000点の民具を収蔵し、季節ごとに地域の暮らしを伝える展示を開催しています。 地元の住民が案内役となり、松代弁を交えながら地域特有の自然や暮らし、民俗について詳しくご案内します。やすらぎの空間で、古き良き松代の歴史と文化を体感してください。

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

アクセスの集中状況によってはマップ表示が困難な場合があります

現在公開中

  • 作品番号

    D247

  • 制作年

    2009

  • 時間

    9:00-17:00(最終入館16:30)

  • 料金

    一般300円(農舞台共通は600円)、小中100円(企画展により変更があります)、芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください

  • 休館

    水曜休館(祝日の場合は翌日休館、企画展により変更があります)

  • エリア

    松代

  • 集落

    松代

  • マップコード

    298179390*85

作品所属エリア