旅人の迷路

作品一覧へ戻る

作品について

この迷路の形状は、古代ヨーロッパに多く見られたものです。海辺で航海の安全を祈願するために、儀式として使われたとされ、「旅人の迷路」と呼ばれています。私はこの迷路の形状が、縄文時代の模様とも共通すると感じました。その時代の生活スタイルが、自然とのバランスにおいて成り立っていた点も似ていると思いました。これらが現代に生かされていって欲しいという願いのもと、公園を造らせていただきました。「旅人」とは「訪れるすべての人」のことであり、縁石に沿って迷路を散策し自然の恵みを手にして、また「新たな旅」を始めていただきたいと思っています。また将来的に、自然に親しむための施設として、植物のことを知るための自然教育公園として役立てていただければ幸いです。妻有地方が「自然」の恵みによって盛り上がり、さらに世界へと発信されていくことをお祈りしています。

アーティスト

歳森勲

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在非公開

  • 作品番号

    D063

  • 制作年

    2003

  • エリア

    松代

  • 集落

    農舞台

  • 作品の公開期間

    4月下旬(雪どけ後順次公開)~11月中旬

  • 住所または詳しい場所

    まつだい「農舞台」(新潟県十日町市松代3743-1)周辺

  • Googleマップで見る  >

作品所属エリア