遠くと出会う場所

作品一覧へ戻る

作品について

一面のそば畑。野花の咲く道の先に、空へと続くはしごがそびえ立つ。この場所からは、大正時代に建設工事が開始された宮中ダムを見渡すことができ、近くには建設時の犠牲者のための慰霊碑がある。草木が荒れ放題であった小原集落の一角を、近隣の住民の協力を得て整備。花道はワークショップ参加者と制作した。前回の出品作「たくさんの失われた窓のために」に続き、不可視の世界を提示する。

アーティスト

内海昭子

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在非公開

  • 作品番号

    N046

  • 制作年

    2009

  • エリア

    中里

  • 集落

    小原

  • マップコード

    253518384*01

作品所属エリア