けれども、たしかにある光

作品一覧へ戻る

作品について

田中芳(1959-2013)は、草や木、雨や雪、流れる水、月、風など自 然をテーマに描き続けてきた日本画家である。しかし、53歳の若さ で急逝。初期の代表作《庭》《流》、抽象的な《線》《□△○》、晩年の《塵》 まで、画業25年の軌跡を作家が愛した越後妻有で紹介した。会場は、 築240年の骨太な日本家屋「ぶなの木学舎」。作家が追及した「空間 と日本画との関係性」が発揮される一方、澄みわたった透明でミニマ ルな世界が訪れる人を迎えた。

素材=和紙、箔、岩絵具、墨など

アーティスト

田中芳

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

アクセスの集中状況によってはマップ表示が困難な場合があります

公開終了

  • 作品番号

    K090

  • 制作年

    2015

  • 時間

    10:00-17:30

  • エリア

    川西

  • 集落

    千手

作品所属エリア