「時の蘇生」柿の木プロジェクト in 松代

作品一覧へ戻る

作品について

『時の蘇生』柿の木プロジェクトは、現代美術家・宮島達男が立ち上げた、「被爆柿の木二世」を通して一人一人の『時の蘇生』を目指すアートプログラム。1945年に長崎で被爆した柿の木の「被爆二世の苗木」を21世紀の子供達とともに育てていこうというもの。1995年の立ち上げから世界20ヵ国、136ヵ所に活動が広がった。 第1回大地の芸術祭では、地元住民による実行委員会の協力のもと、「柿庵」と名づけられた松代町び古民家での展示・ワークショップの他に、4つの小中学校でワークショップが開催された。トリエンナーレ会期中には、プロジェクトに共感し、苗木の育成を希望する人を募集した。翌2001年の春に、松代町太平地区に植樹し、柿の木は現在も成長し続けている。

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在非公開

作品所属エリア