米との対話

作品一覧へ戻る

作品について

「米との対話」は、松之山の恒久設置作品で、空き家となった伝統的な日本家屋の中に置かれている。「米との対話」にはコミュニケーション技術の新旧の形が含まれている。光ファイバーを織り込んだ8つの畳がモールス信号のメッセージを伝える。そのメッセージとは1794年に書かれた小林一茶の俳句の言葉である。この俳句で使われている言葉は多義的で複雑だ。この家を訪れる人々が1階に足を踏み入れると、この俳句の言葉が流れる。寝室の窓には長点、短点の穴によってテキストが綴られ、日の光が優しく寝室に入り込むようになっている。そして電気の入った畳はハロゲンライトによって静止して見え、同時にモールス信号の点滅によって動きが与えられる。ここは夢の空間だ。かつてそうであったように、そして今再びそうなったように。

きぬぎぬや、
かすむまで見る
妹が家

アーティスト

ロビン・バッケン

オーストラリア

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

アクセスの集中状況によってはマップ表示が困難な場合があります

公開終了

  • 作品番号

    Y037

  • 制作年

    2003

  • エリア

    松之山

  • 集落

    上湯

  • マップコード

    790821346*25

  • 作品の公開期間

    2016年4月29日(金祝)~5月8日(日)

  • 住所または詳しい場所

    新潟県十日町市松之山湯本618

  • Googleマップで見る  >

作品所属エリア