SF (Summer Fiction)

作品一覧へ戻る

作品について

夏の間は使われずに倉庫で待機している除雪車を「まだ見ぬ世界の想像の発生装置」と見立て、冬しか使わない道具と組み合わせタイムマシンのような立体作品につくり変える。音や照明とともにSF映画さながらのインスタレーションを展開する。
[撮影・編集]松見拓也
[サウンドデザイン]荒木優光、小松千倫
[照明]高田政義

アーティスト

金氏徹平

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

アクセスの集中状況によってはマップ表示が困難な場合があります

公開終了

  • 作品番号

    D356

  • 制作年

    2018

  • 時間

    10:00-17:30

  • 料金

    個別鑑賞料300円
    パスポート提示無料

  • 休館

    会期中無休

  • エリア

    松代

  • 集落

    松代

  • マップコード

    298178429*86

作品所属エリア