十日町産業文化発信館 いこて

作品一覧へ戻る

作品について

「森の学校」キョロロを設計した手塚貴晴+手塚由比が、木造2階建ての建物を手掛けた。かつて十日町の風物詩だった雪よけの軒下空間・雁木(がんぎ)を再現。夏は大きな蔀戸(しとみど)が上がり、開放的な建物に変貌する。

アーティスト

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

アクセスの集中状況によってはマップ表示が困難な場合があります

現在公開中

  • 作品番号

    T309

  • 制作年

    2015

  • 時間

    10:00-17:30

  • 料金

    300円 or 作品鑑賞パスポートで入場可

  • エリア

    十日町

  • 集落

    商店街

  • マップコード

    140151832*88

作品所属エリア