野投 -スペクトラム展

作品一覧へ戻る

作品について

YATOO(野投)こと韓国自然芸術家協会は1981年に設立。「自然へ思考を投げる」という趣旨のもと、韓国の伝統的な生活様式にもとづく独自の「ネイチャーアート」を長きにわたり展開し、国際的に活躍の場を広げてきた。「人間と自然が共存する美しさ」をコンセプトとするこの企画展には世界各国から10名の作家が集結。ネイチャーアートの持つ新たな可能性と広がりを提示する。
ディレクション=YATOO(野投)

▼作品マップはこちらからダウンロードできます


作品紹介
アンマルサイハン・ナムスライジャフ「マイグレーションエコー」
アンディ・ラムダニ・イムラン「エコシステム:昆虫」
カン・ヒジュン(姜希俊)「ファンファーレエコー」
カリン・ヴォン・ダ・モーレン「これはパイプではない」
パトリック・トグオ・トークソン「枯れゆく木のための布」
イー・ユンウ(李應雨)「野原に吹く風」
ストレイドム·ファン·ダ·メルヴェ「風をつかむ彫刻の森」
シゲティ・チョンガー「プライベートトラップ6.0」
ウルス・トゥウェルマン「球体」
イー ・ヨンドク(李容德)「夢見る馬」

現在公開中

  • 作品番号

    K095、K096、K097、K098、K099、K100、K101、K102、K103、K104

  • 制作年

    2018

  • エリア

    川西

  • 住所または詳しい場所

    ナカゴグリーンパーク、元町水辺広場、節黒城跡キャンプ場

作品所属エリア

この記事に関連するイベント