トップ  >   初めて越後妻有を訪れる方

初めて越後妻有を訪れる方

  • 越後妻有ってどんなところ?
  • どんな作品があるの?
  • 美味しいものを食べたい
  • アート作品やかつての小学校に泊まりたい
  • 旅の思い出のお土産を買いたい
  • 大地の芸術祭の里の歩き方

越後妻有ってどんなところ?

新潟県十日町市と津南町からなる越後妻有地域。6つのエリアからなる760km2の広大な地域に約200のアート作品が点在しています。十日町駅周辺の市街地から、信濃川沿に広がる平野部、そして山々を分け入った小さな集落まで、人と自然が長い年月をかけ育んだ里山で四季を通じてさまざまな表情を見せています。

6つのエリアを見る

6つのエリアのそれぞれの見どころをおさえて、大地の芸術祭の里を満喫しましょう。

十日町エリア 川西エリア 中里エリア
交通の要所であり、織物の街として栄えてきた。「大地の芸術祭の里」の玄関口でもある越後妻有里山現代美術館[キナーレ]から旅をスタート。 信濃川の東側は、河岸段丘に田んぼが広がり、西側は山間地域で、瀬替えの宝庫。魚沼産コシヒカリ、蕎麦や酒が有名。 日本三大渓谷のひとつ「清津峡」や「七ッ釜」をひかえ、水と緑の風景を満喫できる。東京方面からの玄関口。
松代エリア 松之山エリア 津南エリア
緑深い山間に棚田が開かれている。雪国ならではの個性豊かな集落の農耕文化と暮らしや里山の風景を満喫できる。 日本三大薬湯とよばれる松之山温泉があり、のんびり疲れを癒せる。ブナ林で有名な美人林や貴重な動植物も多く生息。 世界有数の豪雪地・秘境秋山郷のふもとに広がる日本最大規模の河岸段丘が見られる。美味しい水や農作物の宝庫。

どんな作品があるの?

「大地の芸術祭の里」には、2000年から始まった「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」で生まれた約200のアート作品が点在しています。拠点施設は1年を通じて、主な空家・廃校作品は5月〜10月に開館しています。さまざまなイベントや企画展も開催。四季を通じて、お楽しみいただけます。

作品一覧を見る

花咲ける妻有 草間彌生

Photo by ANZAï

絵本と木の実の美術館 田島征三

Photo by Takenori Miyamoto + Hiromi Seno

Rolling Cylinder, 2012
カールステン・ヘラー

Photo by Osamu Nakamura

リバース・シティ パスカル・マルティン・タイユー

Photo by Takenori Miyamoto + Hiromi Seno

【主要施設】 越後妻有里山現代美術館[キナーレ] 通年開館/10:00〜17:00/水曜休(祝日の場合は翌日休館)、年末年始休 鑑賞料:一般800円/小中学生400円(企画展開催時は変更)
雪国農耕文化村センター
(まつだい「農舞台」)
通年開館/10:00〜17:00/水曜休(祝日の場合は翌日休館)、年末年始休 単館入館料:大人500円/小中学生300円
まつだい郷土資料館との共通入館券:大人600円/小中学生300円
雪国農耕文化村 農と暮らしのミュージアム
(まつだい郷土資料館)
通年開館/9:00〜17:00/水曜休(祝日の場合は翌日休館)、年末年始休 まつだい「農舞台」との共通入館券 大人600円/小中学生300円
「森の学校」キョロロ 通年開館/9:00〜17:00/火曜休(祝日の場合は翌日休館) 入館料:大人500円/小中高生300円
絵本と木の実の美術館 開館期間:2017年4月29日(土祝)〜11月下旬/10:00〜17:00/水木曜休
臨時休館あり、冬季休館
入館料:大人500円/小中学生250円(企画展開催中は変更)
光の館 通年開館/11:30〜15:30/不定休 入館料:中学生以上500円/小学生250円
【空家・廃校作品】 開館作品: 脱皮する家最後の教室
うぶすなの家 夢の家収穫の家 ほか
期間:2017年4月29日(土祝)~5月7日(日)/8月5日(土)~20日(日)/10月28日(土)~11月12日(日)の土日祝 開館時間:10:00〜16:00 ※日程は変更になる場合がございます 入館料:大人500円/小中学生250円
【屋外作品】   公開期間:雪どけ後から順次〜2017年11月3日(金祝)※作品により公開時期が異なります。
ご覧いただける作品の一覧は、こちらでご確認ください。

「大地の芸術祭の里」に点在する約200の作品が一覧となったガイドマップ(100円)を、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]、雪国農耕文化村センター(まつだい「農舞台」)、十日町市役所本庁舎・分庁舍などで販売しています[ガイドマップ販売施設一覧(PDF)]越後妻有オンラインショップでも購入できます。作品巡りの道しるべに、ぜひご利用ください。(事前にご覧になりたい方はこちら(ガイドマップPDF版表面)裏面

美味しいものを食べたい

こんこんと湧き出る清らかな雪どけ水で育った魚沼産こしひかりをはじめ、山菜やとれたての野菜、昔ながらの知恵をいかした保存食、そして日本酒・・・・・・。豪雪地の恵みが育んだ、越後妻有ならではの美味しいものが待っています。

「食べる」場所を調べる
雪どけ水で育てられた越後妻有のお米とお酒

アート作品やかつての小学校に泊まりたい

廃校を改築した宿泊施設や、アーティストが手がけた空家作品に泊まってみませんか。
里山の暮らしや自然を体いっぱいで感じながら、越後妻有ならではの体験を。

「泊まる」場所を調べる

旅の思い出のお土産を買いたい

越後妻有の名産品をクリエイターと地元業者が協働でリデザインしたROOOOTSをはじめ、越後妻有の自然や農産物をモチーフに愛らしくデザインされたパッケージに入ったおやつやTシャツ、てぬぐいなど、そして「大地の芸術祭」参加アーティストたちが手がけるユニークなアイテムまで、おいしいもの、暮らしを彩ってくれる楽しい商品があれこれ、揃っています。

越後妻有オンラインショップ

原酒かすてら

山ぶどう羊羹

はっか糖

焼きかりんとう

ふろしき 花咲ける妻有

妻有そば

どぶろく

大吟醸・吟醸 『松乃井』

特別本醸造 『天神囃子』

越後妻有ブレンドコーヒー

「大地の芸術祭の里」の歩き方

越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)は、新潟県の南端に位置しています。まずは地域への玄関口であり、ターミナル駅であるJR/ほくほく線十日町駅を目指そう。飛行機なら新潟空港、電車なら、東京、名古屋から新幹線を利用しよう。

アクセスを調べる

現地での交通手段

広範囲に作品が点在しているため、里山巡りには車での移動がおすすめ。主要施設のまつだい「農舞台」と越後妻有里山現代美術館[キナーレ]間は、電車(ほくほく線)で約10分、どちらも最寄駅から歩いてアクセスできるので、車がない方にもおすすめです。

越後妻有の巡り方を調べる

あなたはどの歩き方?

  • モデルコースを参考にする

    季節ごとの、おすすめの巡り方をご提案

    モデルコースを参考にする

  • イベントに合わせて訪れる日を決める

    一年を通じてさまざまなイベントが催されています

    イベントを探す

  • 見たい作品から巡り方を決める

    「大地の芸術祭の里」の魅力的な作品たちを道しるべに巡り方を組み立ててみましょう

    作品を調べる