越後妻有 大地の芸術祭の里

絵本と木の実の美術館 中里和人写真展「小屋とMABU」

春の企画展覧会

2018年3月27日 投稿
廃材を駆使し建てられた日本各地の「小屋」、十日町 一帯にある人が手で掘った素掘トンネル「MABU (まぶ)」の世界。小屋もMABUも、人間サイズを 発想に作られています。人間の手の力(ヒューマン スケール)が生み出した、素晴らしい痕跡景観と してご覧ください。 この伏線の先に、新たな「ヤギ小屋」が生まれます。

参加作家

中里和人 Katsuhito Nakazato

1956三重県生まれ。写真家。東京造形大学教授。日本の自然や都市を地誌的視点から撮影し続ける。オルタナティブな空間での写真展、ワークショップなどを多数行い、地域社会の中でのアート活動を実践している。2000写真集「小屋の肖像」刊行。十日町にあった素掘トンネル(MABU)の写真展を2012,2015,大地の芸術祭で発表。2016素堀トンネルの写真集「lux」刊行。

田島征三

1940年 大阪府生まれ。幼少期を高知県で過ごす。1969年 『ちからたろう』にて第2回BIB世界絵本原画展金のりんご賞。その他受賞多数。2012年 第5回越後妻有アートトリエンナーレ「どうらくオルガンちちんぷいぷい」作品出品。2013年 香川県大島で、ハンセン病の元患者の療養所にて「空間詩・青空水族館」作品出品。

関連イベント

ワークショップ「 N e w ヤギ小屋 」を作ろう!
+春の特別対談 「中里和人×田島征三」

校庭の桜の下にリニューアルするヤギ小屋。 テーマは「砦(とりで)」。 みんなでヤギの砦を完成させよう!
日程 2018年6月30日(土)
時間 ワークショップ 10:00~(2時間程度)
対談 13:30~(1時間程度)
参加費 大人1,000円、小中学生500円
要予約 4月28日(土)より予約開始
※対談のみの参加も可(入館料別途)
イベント一覧へ戻る

開催概要

日時

2018年4月28日(土)〜2018年7月1日(日)10:00〜17:00
※水木休館 5/2(水)5/3(木)は開館

場所

絵本と木の実の美術館
(新潟県十日町市真田甲2310-1)

料金

大人800円 小中学生 300円 幼児無料
※2018春共通チケット提示で4月28日(土)~5月6日(日)のうち1回入場可

イベント一覧へ戻る