越後妻有 大地の芸術祭の里

シンポジウム「南極の人文学的諸問題」

2018年7月8日 投稿
第1回南極ビエンナーレコミッショナーのアレクサンドル・ポノマリョフと、大地の芸術祭総合ディレクターの北川フラムが、ロシアを代表する現代哲学者で、南極ビエンナーレではペンギンにレクチャーをするパフォーマンスを行ったアレクサンドル・セカツキーを迎えて行うシンポジウム。後半には南極ビエンナーレ関連の映像作品上映も予定している。

[登壇者]登壇者:アレクサンドル・セカツキー、アレクサンドル・ポノマリョフ、北川フラム、鴻野わか菜、アレクセイ・コズィリ、アリョーナ・イワノワ・ヨガンソン、五十嵐靖晃、長谷川翔
[映像]アリョーナ・イワノワ=ヨガンソン(映画監督)
後援:在新潟ロシア連邦総領事館

◯このイベントの作品ページでの紹介はこちらです。

イベント一覧へ戻る

開催概要

日時

2018年7月30日(月)
17:00〜

場所

奴奈川キャンパス
(新潟県十日町市室野576)

料金

一般¥2,000円 / パスポート割引¥1,000
小中高生無料

イベント一覧へ戻る