トップ  >   作品  >   鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館

鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館

作品について

廃校になった真田小学校が舞台となった。実在する最後の生徒3人が主人公となり、空間を使った絵本のように構成された。校舎中に配したオブジェは伊豆半島の海辺と日本海で集めた流木や木の実などの自然物に絵具を塗ったものである。入り口には水で動くバッタのかたちをした巨大な鹿威し。これは校舎内のオブジェが動く原動力となっている。作家は、かつてこの学校で活き活きと生活をしていた生徒や先生、おばけまでをも再現しようとした。



撮影・編集:今井善昭(T232





撮影・編集:今井善昭(T232





撮影・編集:今井善昭(T232



アーティスト

田島征三

日本

作品の周辺地図

黒い点をクリックまたはタップすると作品詳細を確認できます

現在公開中

  • 作品番号

    T173

  • 制作年

    2009

  • 時間

    10:00-17:00(最終入館16:30)

  • 料金

    企画展大人700円小中学生300円(10月3~4日大人500円小中学生250円)

  • 休館

    9月16日17日24日28日~10月2日5~9日。以降10月は水・木曜休館(祝日の場合は翌日)

  • エリア

    十日町

  • 集落

  • マップコード

    253698107*74

  • 関連サイト

    http://ehontokinomi-museum.jp

  • 作品の公開期間

    2015年4月25日(土)-11月30日(月) 特別企画展「おもいでをたべるオバケとかんがえるヤギ」は9月27日まで ※冬季休館

  • 住所または詳しい場所

    新潟県十日町市真田甲2310-1

  • Googleマップで見る  >

この作品が登場するモデルコース

作品所属エリア